自転車専門のカスタムペイントショップ

COOK PAINT WORKS

GEEKHOUSE!!

. I think…..they are having too much fun time in NYC Big thanks for having them and wornderful hospitality @deluxecycles @affinitycycles . Meeting legend messenger @cyclehawk . Meeting friend @terrybarentsen . They will be Kissena Velodrome today . すんごい楽しんでる、、、。ニューヨークに着いて直ぐに連絡もらって、デラックスサイクルのパーティに潜入。デラックスサイクル、アフィ二ティサイクルのジェイソンありがとう レジェンドニューヨークメッセンジャーのスクイッドに会ったり、友達のフォトグラファーのテリーに会ったりで充実した時間を過ごせて居る模様。今日は向こう時間の木曜日にクイーンズにあるキッシーナベロドローム(そうです。アフィ二ティサイクルのフレームの名前の由来)のイベントに参加予定ですよ。見かけたら気軽に声をかけて下さいね。 . #deluxecycles #affinitycycles #bluelug #bluelug_kamiuma #bluelug_yoyoko #redhookcrit #kissenavelodrome #nyc

BLUE LUG bike shopさん(@bluelug)がシェアした投稿 –


 
ダンダン、トミー、ヒロくんたちは今ニューヨークにいるみたいですね。
 
あのよく動画で見るREDHOOKに出るためにニューヨークまで遠征しています。
 
いーなー僕もアメリカ行きテーなーなんて思ったけど、僕なんかがレッドフックに出ても大怪我をするに違いないし、あんなスピードをトラックバイクで走るのは無理だなと思ったので、大人しく留守番をして、お土産話を楽しみにしています。
 
まじで2人とも優勝してほしい!
よくみる大クラッシュは怖いけど、ほどほどな感じでみんなをぶち抜いてほしいですよね。
オリンピックじゃないけど、日本代表選手が身近にいるみたいで楽しいですよね。
 
みんながんばって!(テレビで放映してほしい)
 
それでは、本日のペイントの紹介はこちら。
 


 
ひさびさの登場!GEEKHOUSEです。
 
こちらは吊るしフレームではなく、お客様の採寸を行ってからのカスタムフレーム。
前後スルーアクスルでのディスクロード、HILLDALEですね。
 
ペイントは料理長との念入りな話合いで色や全体の雰囲気を決めていきました。


 
フレーム全体はメタリックラメも上にキャンディレッドで艶やかな印象に。
ダウンチューブのロゴ抜きはステンレスなので、ステン残しでローフィニッシュで。
 
デカールや塗分けではなく、ステンプレートならではの特権ですよね。
 
フロントフォークはクラックペイントでブラックの間からグラデーションでゴールドが覗いています。
アメリカンフレームだけど、どこか日本らしい雰囲気が入っていますね。
 
このフレーム、組付けは上馬店で行うみたいなので完成がとても楽しみです。
スペシャルなバイクはオーナーもスタッフも組むのが楽しみなので、早くみたいですね。
 
それではまた~!(ダン、トミがんばって~!)

Squid BikeとTomii Cycles

 
こんばんは。先週末はあのSquidBikeが来日しているとのことだったので、Bluelugのみんなとワッサするべく、二子玉川のAbovebikeに遊びにいきました。
(行きと帰りでダンダンとトミーが走るのが速すぎて、死ぬかと思いました。久々に僕の8速バーコンが火を吹きました)
 
Squid Bikeといえば、カリフォリニアはサクラメントで作られているハンドメイドバイクで、アルミのCXや最近だとTrackcrossとかのフレームを作っていますね。そしてなにより魅力的なのは、そのペイントを缶スプレーでのペイントをやっちゃうところですね。この日もこれからSquidを買うオーナー自ら塗装の色を選んで、マスキングして、自分でペイントをしていました。
 
選ばれる色も中々チョイスしないきわどいカラー。だけどそれが結構相性よかったり、凄いポップな感じだったりかっこいい色の組み合わせが多いいです。
こういう感じをわざとらしく無い感じでバシバシやっちゃうところが本当に凄いなと思いました。(僕も真似したいですね)
 
そんな感じのイベントでした。あとは初Aboveにて、スワンプさんとお会いできたのが良い体験でした。
(近くに自転車のペインターがいるのは中々ないので、色々とよろしくお願いします!)
 
 
さて、それでは本日紹介するペイントはこちら。
まずは完成図から~。


 

(ごくり。たまらんばい)
 
こちらもハンドメイドバイクのTomiiCyclesのツーリングフレームですね。
今回はフレームフォークだけではなく、SilcaのポンプやTomiiオリジナルステム、ラック等もマッチペイントで。
 
今回撮影は出来なかったんですが、フェンダーもマッチペイントで塗装をしてます。
Tomiiのナオさんが作るフレームは、とても細かくて綺麗過ぎます。それに料理長のペイントが加わってえらい事になってます。
フロントフォークからにゅっと伸びるバッグサポーターもワンオフならでは、オリジナルステムとのコンボで、バッグもしっかりと安定するわけですね。
 
個人的には、ダウンチューブのロゴの塗分けがかっこいいなと思います。僕のTomiiもこの塗分けでやりたいですね。
 
爽やかな色で、これから乗るにはぴったりですね。
普通にかっこよくて羨ましいですーーーー。
 
今回はアメリカンハンドメイド尽くしでした。やっぱり自分ならではのとか、自分だけのっていうのは、とても魅力的ですよね。
一番愛着わいちゃいますもんね。
 

春らしくシンプルに

 

 
もう一週間経っちゃいました。。。(3月は早いですね)

 

こないだデジ君チューヤンさんのブログにも載っていましたが、弾丸で大阪に行ってきましたー!

 

 

中学生ぶりの大阪はとても新鮮で、とてもにぎやかな町でした。あとご飯がめちゃ美味しかったです。

 

普段は、オリジン弁当のげんこつから揚げかビックリドンキーのチーズバーグディッシュが一番美味い!と言い続ける食には厳しい松本さんもWAPITIさんの燻製にはやられていたようです。本当にどれも美味しい燻製たちでした。
 
マヨネーズまで燻製にしちゃうのは驚き。めちゃうまでした!
 
あと!枚方市でオープンした10days bicyclesの齋藤さん。オープンの日にアポなしでお邪魔しました!
どちらもとても素敵なお店なので、大阪、いや関西にお住まいの方は是非遊びに行ってくださいねー!
(ほんまにおおきにやで!)

 
それではペイントの紹介!まずは大阪を代表するビルダーさんからです。


 
大阪といえばソウカワガレージのCONER BIKEですよね。
(大阪旅行の時本当はお邪魔したかったんですが、時間と大阪の地理が全く分からなくいけませんでした。ソウカワさんまたの機会にお伺いします。)
 
今回はSS CXをあのマネーグリーンで!マネーグリーンといえば、昔にAFFINITYTがLOPROで出していたカラーですね。
 
オレンジのロゴも相性抜群でかっこいいですね!
フォークのラグにもオレンジの墨入れ。シンプルでいい感じです。
 


 
続いてはお馴染みのEQUILIBRIUMです。(最近やっと見ないでもスペルを打てるようになりました)
 
DISC CXをイエローで!塗分けも同系色でEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEのロゴが散りばめられています。

同系色の塗分けはシンプルでしつこくなく纏まりますね。ロゴもブラック単色でベリーシンプル。
 
もうすぐ春ということで、春らしい明るい色の2台でした。
単色だと物足りないなーと感じたら、同系色でまとめるのもとてもいいと思います。是非。

それではまたー!

EQUILIBRIUMとCANNONDALE

 
今日は久しぶりに暖かい日でしたね。

 
やっぱり自転車に乗るには、このくらいの気温がベストで気持ちがいいですよね。
そんな春らしくなってきた本日は、上馬店でバーテープを巻いてきました。
 


(ハンドルだけチラ見せです)
 
バーテープといっても忍者巻きで巻きました。
意外とこんな派手めな2色でも結構いい感じになりますね。
 
塗装もそうですがこういう感じで変わった色の組み合わせの色が、意外とキマッテかっこいいなと感じるときは、なんか気分があがりますよね。(最近色のことばかり考えている自分だけでしょうか)
 
 

もう春はすぐそこ!
カスタムペイントを紹介していきますので、是非春の新車のご参考に!
 


 

まずはCOOKでもお馴染みのEQUILIBRIUMから。
 

こちらはピュアロードですね。
ロゴとフォークの内側がさりげなく艶消しのブラック。
またさりげなく濃いブルーと薄いブルーの塗分け。
 
青と黒っていう色がそもそも早そうなイメージですよね。
普段より1.5倍は速く走れそう。そんな感じの仕上がりになっています。
是非この春はビュンビュン飛ばしてほしいですね。

 

 
つぎっ!


 
ここでまさかのCANNONDALE TRACkが登場です。
 

こちらもビュンビュン系のカスタムペイント。
 
メタリックカラーをベースに風を切っているような細い線が入っています。
 
そしてCANNNONDALEのロゴは風の中に閉じ込められた仕上げに。
おそらく早すぎて他の人からは何が走っているのか分からないほど、早く見えるにちがいないです。
 
 
 

この春、いっちゃん気持ちがいいこの時期に、是非新車やカスタムの参考にして下さい!!
 
それではまた~!