自転車専門のカスタムペイントショップ

COOK PAINT WORKS

independent fab

 

 

こんばんは、今日のブログです。

 

 

もう10月も終わりになるこの頃。
台風も多く天気が荒れている日が続いていますね。

 

流石に今回の台風は大きく、大変な思いをした人が多かったと思います。

 

これを機に防災についてちゃんと考えて行かないといけないな。そう思いました。

そして同時に僕もちゃんと考えていかないといけない、そんな歳になってしまったのだと感じます。

 

(写真は先月バリにいったときのものです)

 

それでは、今日もペイントのご紹介。

 

とてもスペヒャルなバイクです。

 

 

ナイスですね。

最近はブルーラグでも扱うようになった、Independent Fabrication(IF)です。

 

 

今回も盆栽さんからのオーダーでカスタムペイントを。

 

IFでは、フレームの溶接からペイントまでを行っているファクトリーなのですが、ペイントに関しては決まった色からの塗装のみ。

こういったカスタムペイントや、ロゴの色が純正カラーと違う場合には他の塗装屋さんにてペイントをする感じになります。

 

 

 

ロゴが、、、、

 

 

いちいち、、、、、

 

 

かっこいい!!

 

IFのロゴってやっぱ魅力的。

 

そして、純正だとほとんどがデカールロゴですが、こちらはペイントで。

細かーいロゴの場合、ペイントが難しいのでデカールをはる作業が多いのですが、料理長はやってくれましたぜ。

 

そしてこれだけじゃーない。

 

 

ヘルメットもマッチペイント。素敵

 

オーナーさんこだわりぬきましたね。

 

そしてこんな感じに。

 

https://www.instagram.com/p/B2zAXMJlQVK/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

 

リスペクトですね。

 

やばい欲しくなってきた。

 

自分だけのバイクが作れるのが、ハンドメイドバイクの魅力。

カスタムペイントも自分ならではの色で塗れるのが魅力ですよね。

 

すごくかっこいいです。

 

僕もこんなかっこいいバイクが組めるよう頑張っていきたいと思います。

 

最近は朝晩と寒くなってきたので暖かくして寝ましょう。

 

 

それでは今日はこの辺で。。。

 

 

夏はシンプルにね

こんばんは、今日のブログです。

ようやく梅雨も開けて本格的な夏になってきましたね。

 

 

季節の中では、夏は好きですが毎年ここまで暑くなるのかと思いながら毎日を過ごしています。

 

COOKの工房もこの時期は地獄のような暑さで、調子がいいとタンクトップで作業をしています。そして湿度も時には90%も超えています。

 

(ほとんど水の中で作業をしているようなもんですね。)

 

近所の大工さんが最近は作業着でダウンみたいな厚着をして作業をしています。こんなクソ暑いのになんで厚着してんだと思いましたが、服の端っこに扇風機みたいなのがついていて、それがクルクルと回転するおかげで涼しいみたいです。
(けっこうフューチャーだな)
 

あれ調子よさそうですね。
 
 

それでは本日のペイントです。
 

まずはビフォアから!
 


 
 

 
LOOKのロードフレームです。
 
細身のカーボンフレームでアルミラグ。
 
 

ロゴもかっこいい感じだけど、やっぱし自分が気に入った色にしたいとのことで、塗っちゃいましたよ。
 
 
 


 

 
赤単色でシンプルに。
 
カラーサンプルは車のカラーコードから。アルファロメオのアルファレッドです。
 
車でのカラーサンプルでのご依頼の場合、色をバッチリで合わすことができます。
 
 

色の感じも車だとイメージしやすいので色を選びやすいですね。ロゴは旧ロゴを白でシンプルに。
 
ちょっち古いフレームもペイントで綺麗になるので、また楽しめますね。ぜひカッコよく組んで下さい!
 
 

 

それではもう1本!
 

 


 
 

ここでまさかのBROOKLYNがくるとは、と驚く人も多いいでしょう。
 
ベースをメタグリーンで、こちらもシンプルにロゴのみ。
 
しかし、今回ロゴももちろんペイントです。デカールロゴを再現しちゃいましたよ。
 
 

 
ダウンチューブ、シートチューブ、チェーンステーにロゴの塗り分け。

 
メタリックシルバーをアウトラインにブラックでロゴが入っています。メタリックも粒子が細かめのを選んだので、そこまでギラギラしなく落ち着いた感じがかっこいいですね。

 
今回は夏らしく、シンプルなペイントのご紹介でした!

 
 
それではまたー!

おまかせペイント〜憧れの宇宙〜

 

こんばんは。今日のブログです。

 

 

久々になってしまいましたが、最近はお任せでのペイントのご依頼が多いいです。
 

 
 
 
こちらは上馬店ウエンツからリクエストのカスタムフレームポンプ。
もともとはTopeakのフレームポンプですが、ペイントするとこんな感じに。
 
 
 
自転車のちょっとしたアクセントになればなと思い、今回は思い切って僕のお任せペイントで。
 
 
こいういうのってアイデアや全体のイメージを考えていくのが難しいのですが、最近よくイメージするのは「宇宙」です。
 
奥の2本はウエンツの私物です。彼のペイントはいつも無茶振りでいつだってお任せです。その中で彼の好みとかを考えていくんだけど、なぜか宇宙がしっくりきていました。

 
僕自身も宇宙がなにかと好きで、考えだすとベットに入っても眠れなくなることも月一くらいであります。
いまだにわかないことだらけ。そもそも宇宙って存在するのか。今自分はどこにいるのか。考え出すととまらなくなります。
 
そこで、最近はどうにか宇宙に行けないか?そう考えることにしました。
 
 
まずは宇宙服。
いくらだと思います。
 
 
なんと12億円。
 
 
ここでほとんど無理なことに気がつきました。
 
 

しかし、僕はどうにかして行けるように考えています。
 
 
それでは、本日のカスタムペイントです。
 

 
 
LAPIERREのカーボンロードです。

 
こちらは料理長のおまかせカスタムペイント。
 
ご要望は結晶ペイントでのおまかせ。メタリックシルバーとブラックを合わせての結晶。シンプルな幾何学模様をベースに層を重ねた塗り分け。
 
色の組み合わせが抜群なのでいい感じでかっこいいですね。
 
こういうアイデアが浮かんでくるって凄いです。

 
僕も宇宙のように柔軟に、そして新いペイントを考えて行きたいと思います。
 
 

 
ちなみに宇宙服のグローブの値段は220万円。
 
 
これからも頑張って行きたいと思います。
 

カーボンフレームのリペイント

こんばんは。今日のブログです。

 
気がつけば4月。。。。早いもんですね。
 
COOK PAINT WORKSもありがたいことに慌ただしい毎日を送っております。
 
桜も満開になって、ようやく春!!って感じであったかく過ごしやすいですね。ロードバイクで走るのも気持ちがよい季節。

 
 
今回もかっこいいカーボンのリペイントが完成しましたので、早速紹介していきたいと思います。
 
 
まずは塗装前。ビフォアー画像から。
 
はいドン。
 

 
SPECIALIZEDのカーボンロードからVENGEです。
 
少し古いモデルですが、新しくリペイントして綺麗にしたいということでリペイントを頂きました。

やっぱりちゃんと乗っているフレームって愛着湧くので、新しいフレーム買うよりかはリペイントしたくなりますよね。
 
 

そして、完成したのがこちら!ドン。

 
 
 

 



 
元々のスペシャのデザインを生かして、メタリックブルーとゴールドでリペイント。
 
ブラックのフレームだったので、一気に華やかな雰囲気になりましたね。
メタリックブルーもすごくいい感じの色味でかっこいいです。
 
カーボンは面積が広いので大きめのロゴも迫力があっていい感じ。
是非レースでもバシバシ走って頂きたいですね!!

 
 
 
ではそしてもう一本。
 
いやもう2本だな。
 
 
 
こちらです。ドン。ドドン。

 
ドドンパぁ!!
 
 
 

 
おいおい。まじかよ。やってくれたぜ。と困惑している人も多いいでしょう。(僕が一番困惑してるんだから)
 
Cerveloからトライアスロンフレームの登場です。
 
トライアスロンのチームカラーということでお揃っちカラーです。
 
 


 
フレームフォークに合わせて、専用のハンドルもマッチペイント。
 
 
赤、白、黒、グレーのカモ柄は初めて見る色だけど、自転車に入れる柄としてはとてもかっこいいですね。
トライアスロンのフレームの方が面積が広くって、こういった柄物のペイントは本当に迫力があります。
 
これならレースでバッチリ目立ちそうですね。
 
 
いやー新年度1発目の投稿は情報量が多すぎましたね。
 

 
新年度令和元年もCOOKを宜しくお願い致します!!!!