お知らせと床屋のMr.Pink

 

こんばんは、今日のブログです。
お久しぶりの投稿になってしまいましたので、書きたいことお知らせしたいことが沢山でございます。

まずは重大発表

 

 

長らくご覧いただいておりましたCookのホームページをリニューアルしましたー!
ぜひ見てください!

変わったところはご覧頂ければ一目瞭然ですが。以前のホームページよりもカスタムペイントの写真を大きくして見やすくなりました。
そして塗装の料金表をざっくりですが写真付きで作りました。

 

 

自転車の塗装の場合、フレームの材質(鉄、アルミ、カーボン、チタン等々)によって基本料金が変わります。

そして塗りたいお色や、塗り分け、デザインによっても変動していきます。
もちろんフレームのみやフォークのみ。ご希望あればそれに沿った塗装もできます。

 

ホームページにある料金案内はその参考料金になるので、詳しくはhello@cookpaintworks.comまでメールでお問い合わせ下さい。m(_ _)m

 

 

そして続いてのお知らせは、Youtubeですね。
もうとっっくに公開しているのでご覧になられた方も多いいかと思います。(ありがとうございます)

こうやってブログやSNSで塗装の投稿はやっていても、塗装の工程を動画で撮影したのは初めて。
メカニック動画では谷さんやダンダンもやっていたけど、これ本当に緊張しますね。

失敗したらどうしよう。。が頭の中に駆け巡りましたが、なんとか無事完成しました。

塗装パートから始まり、代々木公園のセントくん組み付けパートまでのドラえもん・セントの大長編動画になっております。
ぜひお時間あるときに見てくださいね。

.
.
.

そんな感じでありがたくもお忙しくさせて頂いている令和3年春。

髪も伸びて来たということで去年末幡ヶ谷にできた床屋HUBにいってきました。

 

 

こちらがその店長のナガオカさん。
髪を切るついでにナガオカさんの塗装案件も相談しました。

 

 

そしてその対象のフレームはAllCityのMr.Pink
AllCityについてはこれで3台目になるとかで、生粋のALlCityマニア。
髪を切る代わりに塗装頑張るぜ!ということで引き受けます。

そして塗装内容を決めていきます。

 

 

こ、これは?
床屋「Roland909という昔の機材です。色をこの感じでいい感じにして下さい。」
僕「そんなの見たことも聞いたこともないのに、できないよ!」
床屋「実物は高価で持っていないので、この画像で色は判断して下さいね」
「そんなのできっこないよ!」
という感じで色のMTGは完了して作業をしていきます。

もちろん画像でのカラーサンプルも大丈夫ですが、画面と実物では色の写り方が変わるので多少は色がブレますm(_ _)m
そして完成がこんな感じになりました。

 

ALLCITY

ALLCITY

ALLCITY

ALLCITY

 

塗り分けのパターンは折角なのでAllcityのパターンで色を909でいきます。
グレーをメインにオレンジをラインで区切り、薄いオレンジ濃いオレンジでグラデーションをイメージします。
ラインはストレートに見えそうで湾曲してるのがポイント。良い勉強になりました。

 


 

最後にロゴの塗り分け動画をどぞ。
単色だけじゃなくてカスタムも頑張っていきたいぜ!

そんな感じでよろしくお願いします!

 

CrownJewel&Tarmac

 

 

こんばんは、今日のブログです。
今日は2020年最後のブログ投稿になります。

 

今年も残すとこあと数日ですね。

 

 

 

今年は色々あり、あっっっっと言う間に終わった1年。
塗装のご依頼もたくさんありがとうございました。m(_ _)m

 

 

1年を振り返り、僕らで印象的なペイントと言えば、

 

 

 

 

*INDEPENDENT FABRICATION* SSMTB
*INDEPENDENT FABRICATION* gravel royale

 

 

Cookの僕ら2人が塗った私物のIFですね。

 

 

自分のお任せペイントならでは、新しいペイントに挑戦した塗装たちです。

塗装でやってみたいペイントが思い浮かんでも、実際にやってみないとできるか分からないし、仕上がりもわかりません。

 

 

 

自分たちのフレームなら思いっきりできるし、失敗もできます。

 

実際にこの塗装で新しい発見と学びがあったので、IF高かったけど買ってよかったなとポジティブに自分に言い聞かせます。

よし、来年はなんにしよう?と考えますが、流石に怒られそうなので、ちょっと慎重にしていきたい。そんな新年にしたいなと来年は思います。

 

 

 

それでは年内ラストのペイントです。
IF続きなので、IFから。

 

 

 

 

 

 

 

Independent Fabrication  Crown Jewel

 

IFのピュアロードフレームのCrownJewelです。

 

 

IFでももちろんペイントをやっているので、フレームはそのままIFの工房で塗ってもらった塗装になります。
(純正カラーのホワイト)

 

 

 

じゃ、なにをしたんだい?となりそうですが、、、

 

 

 

 


 

 

 

フレームのホワイトに合わせてENVEのステムとフォークをマッチペイント。

 

 

しかもただ単色にするのではなく、ゴールドリーフ(金箔)の模様が入ったカスタムペイント。
四角で区切られた中にゴールドリーフがちらり。

 

 

ゴールドが入っているのは左側のみ。ドライブサイドから見るとホワイト単色になります。
IFの主張を守りつつのカスタムペイント。

 

 

さりげないけどしっかりカッコよく仕上がった1台ですね。

 

 

 

 

 

フレームフォーク全体で。

 

ゴールドリーフでのカスタムペイントってなると、どうしてもコテコテのペイントが思い浮かびがちですが、このさりげない感じ。
よく見ると、、、っていうのが大人っぽいですね。

 

 

やっぱり飽きがこなくて長く付き合える感じがいいですよね。

 

組み付けは上馬店にて、完成が楽しみですね。

 

続いてはカーボンフレーム。

 

 

 



 

 

Specialized Tarmac

 

 

Tarmacのディスクロードフレームです。
これもシンプルイズベストって感じの1本。

 

 

純白にブラックロゴ。

 

 

シンプルなのでスペシャの純正にありそう。って思われそうですが、しっかりこちらでペイントしてます。

 

 

 



 

実はこのホワイトカラー、写真だとソリッドカラーに見えますが、ソリッドホワイトの上にパールクリアをかけてあるので、パールホワイトになります。

太陽光やライトに当たるとキラっと光ります。

 

 

ソリッドカラーよりもちょっと上品に。落ち着きのあるパールホワイトにブラックロゴは定番でかっこいいですね。

 

 

あとレースバイクならではのUCIマーク。
シートチューブにありますが、これは復元が出来ないので、レースに出たりして必要な人は、消さないでそのまま残すこともできます。

 

年末の納車だったので、新年ばっちり乗ってほしいですね。

 

そんな感じで年内最後は、ホワイト系の2台でした!

今年はこの2台で締めたいと思います。

 

 

 

来年も引き続き宜しくお願いします。

塗装のご相談はメールにてhello@cookpaintworks.comまで送ってください。

 

 

2020年もありがとうございました。
また来年もどうぞ宜しくお願い致します!!!!!!!

シクロクロス、そしてCrystal Time

 
 

こんばんは、12月のブログです。

毎年毎年、1年が早いと言ってる気がします。そして年々それが早まっていると。

 
子どもの頃は早いという自覚がなかったのに、歳を重ねていくとそれが顕著に感じると思います。
 

ある人がこんなことを言っていました。
 
 
 

子どもの頃は経験したことが少ないから、毎日新しく感じることが多く、1日が早く感じない。
大人になるとあらゆることの経験が増えて1日が早く感じる。と
 
 

 
例えるなら「遠足の行きのバスは長く感じるけど、帰りのバスはあっという間だということ」
 
 
つまり12月は帰りのバスの最中なのかもしれない。(ぼやぼやしてられないぜ)
 
 
 
 

そんな師走の今週末。
 
 

COOKPAINTWORKSは久々のイベント出店を致します!!!
 
 


 
 

 
自転車のイベントではおなじみバイクロアに出店致します。
 
 

今回ももちろんブルーラグと一緒に行きますが、僕らCOOKはハンドメイドペインターブースとして、ペイントの展示出店をします。
 
最近塗ったカスタムペイントのフレーム、完成車。色々ともって行きます。
 
 

車種によっては試乗もできますので、気になったかたは是非秋ヶ瀬まで遊びに来て下さいm(_ _)m
 

 
イベントは5日〜6日どちらもいますので、ペイントの相談、なんでも話に来て下さいね。
滅多にイベントには顔を出さないと思うのでこの機会に是非!!!!!!お願いします!
 
 
さてそれでは本日のご紹介はこちら。
 
 

*GEEKHOUSE BIKES* Mudville SSCX Belt Drive complete bike
 
 

GEEKHOUSEのMUDVILLE
 
シクロクロスのフレームですね。こちらはリペイント前の色です。
 
 

色でわかる人が見ればわかると思いますが、そう某2号機をオマージュの色ですね。
 
激しいシクロでの戦いによりさすがのパウダーコートもボロボロ。
 

ニューカラーになって蘇って来ました。

 
 


 
 
 

フォークのイエローはそのままで、フレームのみリペイント。
 

ピンク単色になりますが、実はシルバー系のパールが入っています。ソリッドカラーに見えつつ、光が当たるとピカっと光ります。

 
 

色は、、、とっくにご存知の方もいるでしょう。
ピンクに黄色のフォーク。某コネメガネ、8号機のカラーになります。
 
1月23日が待ち遠しいね!!
 
 
 




 

 
ロゴはシンプルにグレー系で統一しました。
意外と可愛くなりがちな色だけど、どこかGEEKっぽい色の組み合わせでかっこいいですね。
 
ベルトドライブでシングルという男前すぎるフレーム。
今年はシクロの大会も参加できなさそうだけど、是非1月の公開前には組んで頂きたい。
 

そんな1台になりました。
 
 

 
続きましてもう1台。
 
まずはこちら
 
 


 
 

ポルシェのレーシングカーでしょうか。
こちらの1枚を頂いてからのエントリー。
 
以前もレーシングカーの参考でしたが、もちろん今回もカラーサンプルとして。
 
今回はCOOKではおなじみ。結晶ペイントを用いて完全お任せでのペイントオーダーになりました。
 

 

完成はこちら。。。
 

 

 


 
TIME VXRS
 
カーボンロードの結晶ペイントです。
 

(Crystal TIME)
 
シルバーとブラックの結晶がメインに、レーシングカーのメタリックブルーとピンクのラインがフレームフォークに貫きます。
 
 



 
肝心のクリスタルは同じように見えて、所々違って見えるのも面白いです。
 
お任せペイントは中々緊張するオーダーですが、こうやって完成するとやっぱいいですよね。
 
冬らしく結晶が入った1台。
カスタムペイントの参考に是非。
 

今日ご紹介したのはお客様のバイクなので、バイクロアにはお持ちできませんが、他のカスタムバイクがずらりと並びますので、お時間ある方は是非秋ヶ瀬公園までm(_ _)m
 

 
それでは宜しくお願いしますー!!!