COOK PAINT WORKS - BLOG

自転車専門のカスタムペイントショップ

TREK&MERIDA

 

こんばんは、今日のブログです。
最近はやっとあったかくなってきましたね。
 

このくらいの時期が一番ですよね。
 
まずは最近気になることから。
 


 
きゃわです。
前から気になってたコントローラのペイント。
 
おもちゃの形だからか派手な柄がすごく似合いますよね。
 
海外だと結構やってる人がいるみたいで最近は自転車のペイントと同じ位見てます。

 
最近はeSportsも盛んになってきてるんで、こういうとこで差をつけるんですかね?
僕もコントローラ塗ったことあるんですが、ペイントより結構バラし組み付けが難しいです。
 
あとどうにか自転車のペイントに落とし込めないかなー、とか想像してます。

それよりこのコントローラー可愛いから普通にほしいです。

 
 

それでは本日のペイントをご紹介!
 

 
 
TREKのMADONEをカスタムペイント。

青系のデジカモでお任せをいただいたので、リアバックをデジタルカモで前はシルバーでペイントしました。
 
 

 


 

 

 
カラーサンプルはもちろん海軍から調達。
 

しかし、海でこの青系のカモ柄は必要ないんじゃないかということで去年から緑のカモ柄に変わっているそうです。

僕はこのブルー系のカモかっこいいからいいじゃんか、と思いますが現場ではそうもいかないんですね。
 
ペイントに戻します。
 
 

 
テトリスのブロックがどんどん積み上がっていく感じをイメージしながら塗りました。
カーボンのフレームだと面が広いので柄が目立っていいですね。
 
組み付けはご自分でとのことだったので、フレームの状態でお渡し。完成した状態も見てみたいですね。
かっこよく組んで下さいねー!

 
それでは続いてもう一本!

 


 

MERIDAのSCULTURAをリペイント。
こちらもカーボンのロードフレームですね。
 
色はパールやメタリックではありません。
角度によって色が変化しています。何色でしょうか?!
 

 
答えはマジョーラのアンドロメダでした。

グリーンからパープルに変わります。パールみたいに光の当たり方で色味が変わるのが面白いです。
 
パープルグリーンの感じが宇宙みたいでかっこいい。まさにアンドロメダですね。

 
今日も中々凝ったペイントの紹介でした。
あったかくなってきたので、バイクのリフレッシュに参考にして下さいね!

それではまた〜!

Future TIME

こんばんは、今日のブログです。

 

先日はみんなとライドに行ってきました。

 

 

 

 

2月なのに暖かい日が続くので走ると気持ちがいいですね。

普段は工房にこもりっきりなので、たまにいく大自然は格別。

 

 

空気が美味しすぎる。

 

来週はシャミの新車のお披露目ライドでロードで走りに行きます。シャミのバイクも僕がペイントしたので、近々シャミブログかなんかでアップがあるかと思いますのでお楽しみに。

 

 

やっぱ一人で走るよりみんないた方が楽しいですね。

 

それでは本日のペイント。まずはこちら。ビフォアーから!

 

 

 

 

 

往年のYetiUltimateです。古いフレームなので純正のペイントはボロボロ、、、、、

 

デカールが剥がれていたり所々サビも出てきちゃっています。

かっこいいフレームだけど、このまま乗るならリペイントしてまた気持ちを改めていきたいな。そんな感じでのリペイント。

 

 

そして完成がこちら。

 

 

 

 

古い塗装は剥離して、シンプルにメタリックブラック単色でロゴはベージュ系の色でペイント。

 

 

ロゴの復元もバッチリ。

 

 

 

 

フレームフォークに加えて純正ステムも同色でマッチペイント。

 

カンチのアウター受けもついててかっこいい。

古いフレームも生まれかわったように綺麗に仕上がりました。パーツも新調されて組み直すようなので完成が楽しみですね!

 

 

それでは続いてはこちら。

こちらは完成写真からどうぞ。

 

 

 

 

こちらも古いTIMEのリペイント。

古いモデルだけどフューチャーな塗り分けに目を奪われるでしょう。(Future Time)

 

 

料理長会心の一撃。

 

そしてこのペイント、ただのブラックに白だろ?そう感じた人も多いでしょう。

それが違うんだな。

 

 

 

白のドットの奥に黒のツブツブが透けているでしょう。実はブラックは部分的にヌードカーボン。

かっこいいぜ。

 

 

 

2020年に入り、現代に生きているけどどこか未来にいるみたい。

2010年代では感じなかったことが今年になって感じるようになりました。

現代と未来の調和。。時代の流れってこうやって変わっていくんだ。そう思わせるようなペイント。

 

つまり斬新でかっこいいってこと。

 

 

ペイントの可能性って広くてとても難しいです。

かっこよくって人と違うようにするって結構アイデアがない。

やっぱソリッド単色がかっこいいから逃げがちになる。でもなにげないとこから案があったり、色の組み合わせ方一つで見え方が変わってくるから不思議です。

 

今度手前のフレームを塗ることになったので料理長のは参考にしていきたいなと思いました。

もっと勉強しないと。

 

そんな感じで今回のペイント紹介でした。

それではまたー!

2019年最後!STRIDERとAFFINITY

こんばんは、今日のブログです。

いよいよ年末、本日でCOOKも仕事納めになりました。

 

本当にありきたりな言葉になってしまいますが、今年は本当に早かったですね。
 

 
僕は年末にしてなぜか風邪をひくし、滅多にしないバスケットボールをしたことによって腰を痛めるしで、1年の総括を体で感じている次第です。

 

 
そんなこんなで年内最後のペイント紹介です。
 
まずはこちらから
 

 



 
キッズバイクのストライダーをお持ち込みでペイント。
 

PRO仕様でアルミのフレームフォーク。
 

そして足を置くとこもちゃんとあるので、スピードが出た時に足元がお留守になっても安心。
 
 


 

カラーサンプルはとっくにお気づきの人もいると思いますが、ヴァンヘイレンのギター、5150を。
 
お父さんの趣味全開でいきました。
 





 

そしてね、ヘルメットももちろんのマッチペイント。

 
ヘルメットに柄があるのもかわいいですね。安全かつかっこよく、普段の公園遊びもこれで楽しくなりそうですね。

 
他の子ども達も羨ましがるにちがいないです。
 
まさかキッズバイクにここまでのカスタムペイントをするとは思はなかったけど、楽しくペイントもできてよかったです。

来年は僕の甥っ子にもストライダーペイントしてプレゼントしてあげようかな。
 

そして最後にもう一本!
 



 
AFFINITYのメトロをリフレッシュのためリペイント。

 

フォークはピカピカのメッキ加工。
塗装ではできない鏡面仕上げが特徴的ですね。
 
 
昔のAFFINITYロゴを再現で、反ドライブサイドにペイント。
 

このアイデアも旧AFFINITYのデザインを参考に。
 


 
これもたしか旧LOPROだったと思いますが、シートチューブにもBROOKLYNロゴをイン。
 

 
現行のAFFINITYのフレームをあの頃の感じに再現しました。オーナーの相当なAFFINITY愛が伺えますね。

 

塗装変えるだけでも本当にリフレッシュして、今まで乗ってたフレームとは全く違う感じで面白いです。
 
 

もう新年ももうすぐそこ。
 

2020年もCOOKPAINTWORKSを宜しくお願い致します。
 
それではまた来年!!!!!!!!!!
 

 

良いお年を〜〜〜〜!!!!

SPECIALIZED REPAINT

こんばんは今日のブログです。

 

最近はオカルト系のYouTubeを見て1日が終わるという休日を過ごしております。

特に熱いのは宇宙関係と古代文明。調べるほどわけわかんなくなってきて面白いです。

朝起きてから夕方まで考えていると頭痛が痛くなってきます。

 

もう早いもんで12月も中旬ですね。体感的には全然10月ごろを引きずっているので、年末感がほとんどないです。

(暖冬っていうのも関係しているのでしょうか)

 

年末っていうと大掃除。1年の汚れを綺麗にして新年を迎えていきたいなんて人も多いいですよね。

 

自転車も綺麗にしてリフレッシュしたいななんて考える人も多いと思います。

自転車ももちろん乗って使っていくと傷がついたり、塗装が剥げたりしていくものです。

 

汚れだったらクリーナーやケミカルで落とせるけど傷や塗装の剥げについてはどうしようもないです。

 

そんな感じで今回塗装したのはこちら、

まずはビフォアから。どん

 

 

ロゴがかけていたり、チェーンステイは傷だらけ。

 

カーボンの場合も剥離してからの塗装になりますが、傷が深い場合はパテを埋めてフラットにします。

ちょっとの段差があると表面が凸凹してしますので、この作業が地味に大変。

 

 

そしてパテをボン。

 

 

これでなんとか段差はなくなりました。この地味な作業が後々綺麗な仕上がりにつながってくるので本当に大切なのです。

そしてこのあとはなんやかんやして塗装が完成します。

 

(すみません、途中の写真は撮り忘れました)

 

そしてビフォアからのアフター。

 

 

もともともブラックでしたが、マットブラックにリペイント。

 

ロゴたちも既存の位置にグロスブラックで塗分けで。

日々乗り倒してきて汚れたフレームも綺麗にリフレッシュしました。これでまた気持ちよく走れますね。

 

 

続きましてもう1本。

こちらもスペシャのリペイントをボム。

 

 

SpecializedからカーボンロードのTarmac

 

こちらもカーボンフレームの剥離再塗装、ロゴを各所塗分けして綺麗に仕上がりました。

 

 

 

 

メタリックオレンジにメタブルーのロゴ。

 

なんだかんだ単色にロゴの塗り分けってのが普通でかっこいいと改めて思わされます。

長年乗っていて飽きない感じ、シンプルなのって普通だけど奥が深いですよね。

 

そんな感じでカーボンリフレッシュで気持ちが良い!という感じのご紹介でした。

 

新年のペイントの参考になれば幸いです。それではまた〜!