COOK PAINT WORKS - BLOG

自転車専門のカスタムペイントショップ

お任せドリームバイク

こんばんは、僕です。

 

 
本当にありがたいことですが、最近はお忙しくさせて頂いております。
 


 
気がつけばもう11月。。。

(気持ちはまだ7月くらいなので、薄着で家を出ると帰り寒くて凍える毎日です)
 
 
あっという間に年末になりそうですが、作業に励む毎日ですので、現在オーダー中の方々もう少々お待ちください。
m(_ _)m 
 
 

 

さてそれでは本日の塗装のご紹介です。
 

今回ピットインしたのは、こちら

 
海外からのお客様で、NYCからJohnny coast cyclesのスポルティーフです。
 
こんな自転車日本にも走ってんのかよ!ってことで自転車オタクの上馬メンバーは慌ただしくしておりました。
海外で毎日10数年乗っていたらしく、塗装は欠けまくりでボロボロ、、、、
 
これはリペイントの時期ということでのご依頼でした。

 

 

 

しかも今回もう一個特別だったのが、あの巨匠ブルースゴードンのラックもマッチペイントでということ。
 
現在だとPass&Stowとかがアメリカ製でかっこいいラックとして代表的ですが、その昔作っていたブルースゴードンもみんなの憧れ。
 
僕も台湾製のブルースゴードンのラックを前後持っていますが、サイズが合わずピッタリ自転車につきません。。(その昔、NITTOのバンドでOceanAirにつけてましたね)
 
羨ましい。。欲しいぜっ
 
 
ということでね。こちらのラックもフレームに合わせてリペイント。
 
完成がこちらっ
 
 

*COAST CYCLES* the randonneur
 
*COAST CYCLES* the randonneur
 
 
自転車のオーバーホールも一緒になので、全体的にもピカピカに。
 
色はメタリックネイビーの単色でシンプルかつ渋い感じで。やぱりフロントラックの形が最強にかっこいい!
 
今っぽい感じで天板は無いキャリアだけど、パニアだけつけるラックならこれが一番いいなぁ
 
 

*COAST CYCLES* the randonneur
 
*COAST CYCLES* the randonneur
 
*COAST CYCLES* the randonneur
 
*COAST CYCLES* the randonneur
 
 

フレームフォークのリペイントが定番ですが、ラックや小物ももちろんできます。
マッチペイントすると一気に一体感が出ていいです。
 
自転車は乗れば乗るほど塗装が剥がれて行くものです。日本での通勤やツーリングで使いまくってまたボロボロになったらリペイントしましょう!
 
塗り直すとリフレッシュして気持ちがいいですね。
 

 

 

続いてはこちらのご紹介。
まずはこちらを
 


 
BMWのアートカーで、アレクサンダー・カルダーさんというアメリカのデザイナーの方がペイントしたレーシングカーだそうです。
 
車は全然詳しくありませんが、BMWではデザイナーがペイントするのを出しているそうで、これがその1発目だそう。
 
 

車は自転車と違って、平面で大きく立体的、ペイントが生えてかっこいいです。これ調べたところ本物は2億を超えて落札したとかしてないとか。。。。
(億1000万!億1000万!)
 
 
そしてこの億1000ま、、いやアートカーをイメージしてのお任せペイントをご依頼。
 
自転車にするとどうなっちまうんだ、、、

 
 

早速こんな感じでご登場です。
 




 
 
日本のハンドメイドフレームラバネロのロードバイクをアートバイクに。。。。
ステムのマッチペイント、しかもよく見るとコラムスペーサーもマッチペイントー
 

 
自転車は細いパイプの集合体なので、柄を表現するのが難しいのです。
4色の色をランダムに塗り分けている簡単な感じに見えますが、これもちゃんと全体的にバランスよく色が配分されるように、料理長の計算されつくした塗り分けです。
 
原色っていいですよね。もちろん中間色もいいけど、塗り分けがこうパキっとする感じは原色ならでは。
 

ちなみに2017年に塗ったIFおまかせペイントもBMXのアンディウォーホルのアートカーからのサンプル。

 
(これも情報量が多くてちょっとパニクったのを思い出します)

なのでこれは3年越しのアートバイクということですね。このIFめっちゃ個人的に好きです。

 

 

 
そして完成車にしてみると見事なアートバイクになりました。
 

*RAVANELLO* road

*RAVANELLO* road

*RAVANELLO* road
 
めっっちゃ夢ありますね。

乗るのが勿体無くなりそうですが、オブジェにしないで乗り倒して下さいね。
 
お任せペイント、こちらも緊張しますがやっぱり出来上がってみるとかっこいいし、楽しいお仕事だなと思います。
 
それではまたっ!

Cinelli&Giant

 

こんばんは、久しぶりになってしました、、、、

今日のブログです。

 


 

最近は本当にありがたくオーダーをたくさん頂いております。
 

塗る時期によって塗る色のバランスが大きく変わります。夏はやっぱり明るい色やメタリック系の色がよく動く感じがします。
 

天候によっても気持ちが大きくかわりますね。
こんなジメジメだから新車こそはフレッシュにいきたいですよね
 

釜もパンパンで塗りまくっていますので、もう少々お待ちください。m(_ _)m
 

それでは最近ペイントしたかっこいいペイントを紹介していきたいと思います。
 

まずはこちらから
 

 


 

CinelliのアルミのロードフレームExperience。

ベースカラーはメタリック系のガンメタにつや消しで。
 
 

カラーサンプルはChriskingのマットスレート。アルマイト系もメタリックでこんな感じでの表現が出来ます。
 

太いパイプにデカデカとCinelliロゴが映えています。今回はフレームのみのリペイント。
「C」ロゴのみ赤がシンプルにかっこいいですね。
 
 

それではお次!!

 
 


 
 
 

Giant TCRをスペシャルカスタムペイント!

 

フルカーボンのフレームは塗る面積も広いので塗ごたえがありますね。
 

ペイントのデザインはオーナーさんの所属するサイクリングチームのチームカラーなんだとか。
 

セットアップのジャージと合わせると完成するペイントのようです。
 
 


 
 

シンプルな白と黒に赤緑青のラインが際立ってます。
ダウンチューブ横のラインの中に隠れたロゴがさりげなくてかっこいいです。
 
 

ようやく梅雨も開けるんでしょうか。。
 

夏は暑いけど、リフレッシュしたペイントのフレームで走ると絶対に気持ちいいですよね。
 

僕もせっっっかく素地で買った新車があるので、早く塗って走りに行きたいです
(時間をうまく使っていこうというのが個人的な目標です)
 
 

それではまた!!

Restore Panasonic

こんにちは、今日のブログです。

 

本日はレストアについてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

古くから持っている愛車、もう何年も乗っていなくて乗れるか心配。

チェーンもサビサビだし、塗装もキズだらけでボロボロ。

 

 

 

まずはリペイントして、パーツたちも新調して乗れるようにしたいというご相談でした。

 

 

そんなこんなで、まずはビフォアーから

 

 


 

 
ピットインしたのがこんな状態でした。塗装もボロボロなんですが、もちろんパーツたちにもダメージがいっています。調整にも限界がありますね、、、、、、

 
 
まずはペイントから作業していくので、ついているパーツたちを全バラししていきます。

 

 

 
 
フレーム単体にするとこんな感じです。

塗装にキズがついていて、所々サビもありますね。チェーンステーはメッキが残っています。
 
 

チェーンが跳ねて塗装がハゲやすいので、こことエンド部分をメッキにしているのはとてもいいですね。
エンドもホイール履かせる時にヒヤヒヤしなくていいので、こういうところグッときますね。
 

 
塗装内容はこの純正のペイントと同じような配色でのグラデーション。

 
長年所有してきたので、愛着のあるカラーリングなんですね。
 
 
そして塗装が完成!!

 
 


 
 
リフレーッシュ!!!
(後ろにいるドモ○ルンリンクルの工場員に気を取られないで下さいね)
 
 
サビサビで凸凹のフレームにはパテを埋めてできるだけフラットにしました。
 
ネイビー系のブルーからフェードして、クリーム色に。
 
とても綺麗になりましたね、
 
 

そしていよいよ自転車の組み付けです。
 

 
 


 

 
上馬店のスーパーメカニック、一周さんに託します。
 
(日本一周を自転車でするという偉業を成し遂げた彼、最近は忍者巻きが上手になってきました)
 
 
自転車の組み付けや作業に関してももちろんウエルカム。近くにはブルーラグ上馬店のスタッフがいるので本当に心強いです。
 
 
パーツたちは正直、どれもボロボロでしたので、現行のコンポたちにアップデート。
 

そして完成したのがこちらです。

 

 
*PANASONIC* road

*PANASONIC* road

*PANASONIC* road

*PANASONIC* road

*PANASONIC* road
 
 
最新の105で11速にグレードアップしてレストア完了です。
(昔ディスカバリーチャンネルで車のレストアする番組がありましたが、あれめっちゃ面白かったな)

 
ヘッドの規格が1インチですが、こうやって現行のコンポを入れるのもモダンでかっこいいですね。
 
タイヤもゲータスキン28cが入っちゃうので、ツーリングから普段使いまで走れそうです。
(get the grip)
 
 
 

古いフレームでも、いい自転車をもっているとこうやって蘇ります。スチールフレームの最大のメリットですよね。
 
もちろんフレームの状態が酷すぎたりするとリペイントできませんし、古い自転車だとそもそも現行のパーツが使えなかったりという事もありますので、まずはご相談下さいm(_ _)m
 
 

 
ピカピカの愛車が生まれ変わってまた長く乗れそうでよかったです。
 
 
 
 

こんな時期だかろこそ移動手段は自転車を使っていきましょう。
 

 
それではまた〜!!

TREK&MERIDA

 

こんばんは、今日のブログです。
最近はやっとあったかくなってきましたね。
 

このくらいの時期が一番ですよね。
 
まずは最近気になることから。
 


 
きゃわです。
前から気になってたコントローラのペイント。
 
おもちゃの形だからか派手な柄がすごく似合いますよね。
 
海外だと結構やってる人がいるみたいで最近は自転車のペイントと同じ位見てます。

 
最近はeSportsも盛んになってきてるんで、こういうとこで差をつけるんですかね?
僕もコントローラ塗ったことあるんですが、ペイントより結構バラし組み付けが難しいです。
 
あとどうにか自転車のペイントに落とし込めないかなー、とか想像してます。

それよりこのコントローラー可愛いから普通にほしいです。

 
 

それでは本日のペイントをご紹介!
 

 
 
TREKのMADONEをカスタムペイント。

青系のデジカモでお任せをいただいたので、リアバックをデジタルカモで前はシルバーでペイントしました。
 
 

 


 

 

 
カラーサンプルはもちろん海軍から調達。
 

しかし、海でこの青系のカモ柄は必要ないんじゃないかということで去年から緑のカモ柄に変わっているそうです。

僕はこのブルー系のカモかっこいいからいいじゃんか、と思いますが現場ではそうもいかないんですね。
 
ペイントに戻します。
 
 

 
テトリスのブロックがどんどん積み上がっていく感じをイメージしながら塗りました。
カーボンのフレームだと面が広いので柄が目立っていいですね。
 
組み付けはご自分でとのことだったので、フレームの状態でお渡し。完成した状態も見てみたいですね。
かっこよく組んで下さいねー!

 
それでは続いてもう一本!

 


 

MERIDAのSCULTURAをリペイント。
こちらもカーボンのロードフレームですね。
 
色はパールやメタリックではありません。
角度によって色が変化しています。何色でしょうか?!
 

 
答えはマジョーラのアンドロメダでした。

グリーンからパープルに変わります。パールみたいに光の当たり方で色味が変わるのが面白いです。
 
パープルグリーンの感じが宇宙みたいでかっこいい。まさにアンドロメダですね。

 
今日も中々凝ったペイントの紹介でした。
あったかくなってきたので、バイクのリフレッシュに参考にして下さいね!

それではまた〜!