COOK PAINT WORKS - BLOG

自転車専門のカスタムペイントショップ

CrownJewel&Tarmac

 

 

こんばんは、今日のブログです。
今日は2020年最後のブログ投稿になります。

 

今年も残すとこあと数日ですね。

 

 

 

今年は色々あり、あっっっっと言う間に終わった1年。
塗装のご依頼もたくさんありがとうございました。m(_ _)m

 

 

1年を振り返り、僕らで印象的なペイントと言えば、

 

 

 

 

*INDEPENDENT FABRICATION* SSMTB
*INDEPENDENT FABRICATION* gravel royale

 

 

Cookの僕ら2人が塗った私物のIFですね。

 

 

自分のお任せペイントならでは、新しいペイントに挑戦した塗装たちです。

塗装でやってみたいペイントが思い浮かんでも、実際にやってみないとできるか分からないし、仕上がりもわかりません。

 

 

 

自分たちのフレームなら思いっきりできるし、失敗もできます。

 

実際にこの塗装で新しい発見と学びがあったので、IF高かったけど買ってよかったなとポジティブに自分に言い聞かせます。

よし、来年はなんにしよう?と考えますが、流石に怒られそうなので、ちょっと慎重にしていきたい。そんな新年にしたいなと来年は思います。

 

 

 

それでは年内ラストのペイントです。
IF続きなので、IFから。

 

 

 

 

 

 

 

Independent Fabrication  Crown Jewel

 

IFのピュアロードフレームのCrownJewelです。

 

 

IFでももちろんペイントをやっているので、フレームはそのままIFの工房で塗ってもらった塗装になります。
(純正カラーのホワイト)

 

 

 

じゃ、なにをしたんだい?となりそうですが、、、

 

 

 

 


 

 

 

フレームのホワイトに合わせてENVEのステムとフォークをマッチペイント。

 

 

しかもただ単色にするのではなく、ゴールドリーフ(金箔)の模様が入ったカスタムペイント。
四角で区切られた中にゴールドリーフがちらり。

 

 

ゴールドが入っているのは左側のみ。ドライブサイドから見るとホワイト単色になります。
IFの主張を守りつつのカスタムペイント。

 

 

さりげないけどしっかりカッコよく仕上がった1台ですね。

 

 

 

 

 

フレームフォーク全体で。

 

ゴールドリーフでのカスタムペイントってなると、どうしてもコテコテのペイントが思い浮かびがちですが、このさりげない感じ。
よく見ると、、、っていうのが大人っぽいですね。

 

 

やっぱり飽きがこなくて長く付き合える感じがいいですよね。

 

組み付けは上馬店にて、完成が楽しみですね。

 

続いてはカーボンフレーム。

 

 

 



 

 

Specialized Tarmac

 

 

Tarmacのディスクロードフレームです。
これもシンプルイズベストって感じの1本。

 

 

純白にブラックロゴ。

 

 

シンプルなのでスペシャの純正にありそう。って思われそうですが、しっかりこちらでペイントしてます。

 

 

 



 

実はこのホワイトカラー、写真だとソリッドカラーに見えますが、ソリッドホワイトの上にパールクリアをかけてあるので、パールホワイトになります。

太陽光やライトに当たるとキラっと光ります。

 

 

ソリッドカラーよりもちょっと上品に。落ち着きのあるパールホワイトにブラックロゴは定番でかっこいいですね。

 

 

あとレースバイクならではのUCIマーク。
シートチューブにありますが、これは復元が出来ないので、レースに出たりして必要な人は、消さないでそのまま残すこともできます。

 

年末の納車だったので、新年ばっちり乗ってほしいですね。

 

そんな感じで年内最後は、ホワイト系の2台でした!

今年はこの2台で締めたいと思います。

 

 

 

来年も引き続き宜しくお願いします。

塗装のご相談はメールにてhello@cookpaintworks.comまで送ってください。

 

 

2020年もありがとうございました。
また来年もどうぞ宜しくお願い致します!!!!!!!

シクロクロス、そしてCrystal Time

 
 

こんばんは、12月のブログです。

毎年毎年、1年が早いと言ってる気がします。そして年々それが早まっていると。

 
子どもの頃は早いという自覚がなかったのに、歳を重ねていくとそれが顕著に感じると思います。
 

ある人がこんなことを言っていました。
 
 
 

子どもの頃は経験したことが少ないから、毎日新しく感じることが多く、1日が早く感じない。
大人になるとあらゆることの経験が増えて1日が早く感じる。と
 
 

 
例えるなら「遠足の行きのバスは長く感じるけど、帰りのバスはあっという間だということ」
 
 
つまり12月は帰りのバスの最中なのかもしれない。(ぼやぼやしてられないぜ)
 
 
 
 

そんな師走の今週末。
 
 

COOKPAINTWORKSは久々のイベント出店を致します!!!
 
 


 
 

 
自転車のイベントではおなじみバイクロアに出店致します。
 
 

今回ももちろんブルーラグと一緒に行きますが、僕らCOOKはハンドメイドペインターブースとして、ペイントの展示出店をします。
 
最近塗ったカスタムペイントのフレーム、完成車。色々ともって行きます。
 
 

車種によっては試乗もできますので、気になったかたは是非秋ヶ瀬まで遊びに来て下さいm(_ _)m
 

 
イベントは5日〜6日どちらもいますので、ペイントの相談、なんでも話に来て下さいね。
滅多にイベントには顔を出さないと思うのでこの機会に是非!!!!!!お願いします!
 
 
さてそれでは本日のご紹介はこちら。
 
 

*GEEKHOUSE BIKES* Mudville SSCX Belt Drive complete bike
 
 

GEEKHOUSEのMUDVILLE
 
シクロクロスのフレームですね。こちらはリペイント前の色です。
 
 

色でわかる人が見ればわかると思いますが、そう某2号機をオマージュの色ですね。
 
激しいシクロでの戦いによりさすがのパウダーコートもボロボロ。
 

ニューカラーになって蘇って来ました。

 
 


 
 
 

フォークのイエローはそのままで、フレームのみリペイント。
 

ピンク単色になりますが、実はシルバー系のパールが入っています。ソリッドカラーに見えつつ、光が当たるとピカっと光ります。

 
 

色は、、、とっくにご存知の方もいるでしょう。
ピンクに黄色のフォーク。某コネメガネ、8号機のカラーになります。
 
1月23日が待ち遠しいね!!
 
 
 




 

 
ロゴはシンプルにグレー系で統一しました。
意外と可愛くなりがちな色だけど、どこかGEEKっぽい色の組み合わせでかっこいいですね。
 
ベルトドライブでシングルという男前すぎるフレーム。
今年はシクロの大会も参加できなさそうだけど、是非1月の公開前には組んで頂きたい。
 

そんな1台になりました。
 
 

 
続きましてもう1台。
 
まずはこちら
 
 


 
 

ポルシェのレーシングカーでしょうか。
こちらの1枚を頂いてからのエントリー。
 
以前もレーシングカーの参考でしたが、もちろん今回もカラーサンプルとして。
 
今回はCOOKではおなじみ。結晶ペイントを用いて完全お任せでのペイントオーダーになりました。
 

 

完成はこちら。。。
 

 

 


 
TIME VXRS
 
カーボンロードの結晶ペイントです。
 

(Crystal TIME)
 
シルバーとブラックの結晶がメインに、レーシングカーのメタリックブルーとピンクのラインがフレームフォークに貫きます。
 
 



 
肝心のクリスタルは同じように見えて、所々違って見えるのも面白いです。
 
お任せペイントは中々緊張するオーダーですが、こうやって完成するとやっぱいいですよね。
 
冬らしく結晶が入った1台。
カスタムペイントの参考に是非。
 

今日ご紹介したのはお客様のバイクなので、バイクロアにはお持ちできませんが、他のカスタムバイクがずらりと並びますので、お時間ある方は是非秋ヶ瀬公園までm(_ _)m
 

 
それでは宜しくお願いしますー!!!

お任せドリームバイク

こんばんは、僕です。

 

 
本当にありがたいことですが、最近はお忙しくさせて頂いております。
 


 
気がつけばもう11月。。。

(気持ちはまだ7月くらいなので、薄着で家を出ると帰り寒くて凍える毎日です)
 
 
あっという間に年末になりそうですが、作業に励む毎日ですので、現在オーダー中の方々もう少々お待ちください。
m(_ _)m 
 
 

 

さてそれでは本日の塗装のご紹介です。
 

今回ピットインしたのは、こちら

 
海外からのお客様で、NYCからJohnny coast cyclesのスポルティーフです。
 
こんな自転車日本にも走ってんのかよ!ってことで自転車オタクの上馬メンバーは慌ただしくしておりました。
海外で毎日10数年乗っていたらしく、塗装は欠けまくりでボロボロ、、、、
 
これはリペイントの時期ということでのご依頼でした。

 

 

 

しかも今回もう一個特別だったのが、あの巨匠ブルースゴードンのラックもマッチペイントでということ。
 
現在だとPass&Stowとかがアメリカ製でかっこいいラックとして代表的ですが、その昔作っていたブルースゴードンもみんなの憧れ。
 
僕も台湾製のブルースゴードンのラックを前後持っていますが、サイズが合わずピッタリ自転車につきません。。(その昔、NITTOのバンドでOceanAirにつけてましたね)
 
羨ましい。。欲しいぜっ
 
 
ということでね。こちらのラックもフレームに合わせてリペイント。
 
完成がこちらっ
 
 

*COAST CYCLES* the randonneur
 
*COAST CYCLES* the randonneur
 
 
自転車のオーバーホールも一緒になので、全体的にもピカピカに。
 
色はメタリックネイビーの単色でシンプルかつ渋い感じで。やぱりフロントラックの形が最強にかっこいい!
 
今っぽい感じで天板は無いキャリアだけど、パニアだけつけるラックならこれが一番いいなぁ
 
 

*COAST CYCLES* the randonneur
 
*COAST CYCLES* the randonneur
 
*COAST CYCLES* the randonneur
 
*COAST CYCLES* the randonneur
 
 

フレームフォークのリペイントが定番ですが、ラックや小物ももちろんできます。
マッチペイントすると一気に一体感が出ていいです。
 
自転車は乗れば乗るほど塗装が剥がれて行くものです。日本での通勤やツーリングで使いまくってまたボロボロになったらリペイントしましょう!
 
塗り直すとリフレッシュして気持ちがいいですね。
 

 

 

続いてはこちらのご紹介。
まずはこちらを
 


 
BMWのアートカーで、アレクサンダー・カルダーさんというアメリカのデザイナーの方がペイントしたレーシングカーだそうです。
 
車は全然詳しくありませんが、BMWではデザイナーがペイントするのを出しているそうで、これがその1発目だそう。
 
 

車は自転車と違って、平面で大きく立体的、ペイントが生えてかっこいいです。これ調べたところ本物は2億を超えて落札したとかしてないとか。。。。
(億1000万!億1000万!)
 
 
そしてこの億1000ま、、いやアートカーをイメージしてのお任せペイントをご依頼。
 
自転車にするとどうなっちまうんだ、、、

 
 

早速こんな感じでご登場です。
 




 
 
日本のハンドメイドフレームラバネロのロードバイクをアートバイクに。。。。
ステムのマッチペイント、しかもよく見るとコラムスペーサーもマッチペイントー
 

 
自転車は細いパイプの集合体なので、柄を表現するのが難しいのです。
4色の色をランダムに塗り分けている簡単な感じに見えますが、これもちゃんと全体的にバランスよく色が配分されるように、料理長の計算されつくした塗り分けです。
 
原色っていいですよね。もちろん中間色もいいけど、塗り分けがこうパキっとする感じは原色ならでは。
 

ちなみに2017年に塗ったIFおまかせペイントもBMXのアンディウォーホルのアートカーからのサンプル。

 
(これも情報量が多くてちょっとパニクったのを思い出します)

なのでこれは3年越しのアートバイクということですね。このIFめっちゃ個人的に好きです。

 

 

 
そして完成車にしてみると見事なアートバイクになりました。
 

*RAVANELLO* road

*RAVANELLO* road

*RAVANELLO* road
 
めっっちゃ夢ありますね。

乗るのが勿体無くなりそうですが、オブジェにしないで乗り倒して下さいね。
 
お任せペイント、こちらも緊張しますがやっぱり出来上がってみるとかっこいいし、楽しいお仕事だなと思います。
 
それではまたっ!

Cinelli&Giant

 

こんばんは、久しぶりになってしました、、、、

今日のブログです。

 


 

最近は本当にありがたくオーダーをたくさん頂いております。
 

塗る時期によって塗る色のバランスが大きく変わります。夏はやっぱり明るい色やメタリック系の色がよく動く感じがします。
 

天候によっても気持ちが大きくかわりますね。
こんなジメジメだから新車こそはフレッシュにいきたいですよね
 

釜もパンパンで塗りまくっていますので、もう少々お待ちください。m(_ _)m
 

それでは最近ペイントしたかっこいいペイントを紹介していきたいと思います。
 

まずはこちらから
 

 


 

CinelliのアルミのロードフレームExperience。

ベースカラーはメタリック系のガンメタにつや消しで。
 
 

カラーサンプルはChriskingのマットスレート。アルマイト系もメタリックでこんな感じでの表現が出来ます。
 

太いパイプにデカデカとCinelliロゴが映えています。今回はフレームのみのリペイント。
「C」ロゴのみ赤がシンプルにかっこいいですね。
 
 

それではお次!!

 
 


 
 
 

Giant TCRをスペシャルカスタムペイント!

 

フルカーボンのフレームは塗る面積も広いので塗ごたえがありますね。
 

ペイントのデザインはオーナーさんの所属するサイクリングチームのチームカラーなんだとか。
 

セットアップのジャージと合わせると完成するペイントのようです。
 
 


 
 

シンプルな白と黒に赤緑青のラインが際立ってます。
ダウンチューブ横のラインの中に隠れたロゴがさりげなくてかっこいいです。
 
 

ようやく梅雨も開けるんでしょうか。。
 

夏は暑いけど、リフレッシュしたペイントのフレームで走ると絶対に気持ちいいですよね。
 

僕もせっっっかく素地で買った新車があるので、早く塗って走りに行きたいです
(時間をうまく使っていこうというのが個人的な目標です)
 
 

それではまた!!