自転車専門のカスタムペイントショップ

COOK PAINT WORKS

Archive for そのほか

Surly 1x?

こんばんは。

まだまだ寒い日が続いていますね。

東京の桜の開花予想は3月26日ぐらいになっていました。

後2週間ちょいで満開です。

ほんとにぃ~?

今日はSurly 1×1をrew10カスタムからのcookでリペイントと言うこの出来上がりつつある

愛する自転車をもっと愛する為の魔法の方程式をご紹介します。

k1

Surly 1×1フレームをギアードにするべく、このシングルオンリーのトラックエンドに

Dハンガー付けました。

これで段付き自転車になります。

それと。。

k2

k3

Rシフトはトップルーティンになる為、この様にダボも取り付けないと

機能しませんね。

んーでも着々と。

k9

お次の工程は綺麗に剥離します。

ぺろんちょ。

k4

いきなり飛んですいません。

ペイントして完成後、上馬店で色々パーツご検討中でございます。

そして今回のサンプル車は。

↓これ。

k8

上馬店にあります、こちらのハンドメイドフレームのカラーです。

色合わせはドンズバです。

k6

そして「ん、何か」見たいな元々付いてあったかの様なお澄まし顔なDハンガーさん。

あなたはオリジナルメンバーではないですよー。

でも、ペイントで綺麗になってしまえば、オリジナルメンバーですね。

surlyファン以外の方に見られればですけど。。

Surlyファンの方に見られれば「何で1×1にギア~なんちゃら、ほにゃらら」な会話が始まると思いますが

そこは愛車をこれからも長く乗りたいと言う願望からこういうカスタムにしたと思いますので、

突っ込み厳禁ですね。

こういうカスタムが出来るのも、スチールフレームだからこそ。

一度買った自転車は長く乗ると用途や乗り方、付けるパーツなどが変わってくるのは当然な事です。

それをこの方の1×1の様にシングルバイクから、ちょっと楽に乗りたくなってきたからギアードバイクに

カスタムしちゃうぞって言う心意気は、なんだか嬉しくなっちゃいますね。

まだまだ愛してやるからなっ!

すいません、長くなりましたがこういうカスタム僕は大好きです。

今の時代って使い捨ての時代じゃないですよねー

何でも。

それではでーす。

リペイント完成です。

こんばんはー。

あぜあぜです。

今日は神奈川県にありますSunny Day Cycleさんにご依頼を頂いていました

singularフレームのリペイントが完成しました。

じゃじゃん。

z2

このフレームは中古でしたので、剥離再塗装となりました。

z3

んーいい感じだ。

通常のsingularロゴとは違いますが、このロゴは一から作成しております。

カスタムロゴで塗り分けをしています。

この胴抜きも絶妙ですよ。

オリジナル感満載で自転車になった姿を早く見たいですね。

そして。

z1

今回のサンプル品です。

singularオリジナルジャージのこのブルーと来た!

z4

このいい塩梅。

このジャージを着て、このフレームに乗ったらもう完璧ですね。

本国のsingularさんに取り上げられること間違いなしです。

そして。

z5

こちらが以前のカラーでした。

こちらフレームががらりと春模様に一身しましたね。

早速、本日納品に伺いましたがちょっと長くなりそうなので、

この辺で。

また次の機会に納品時のブログ書きますので、もう少々お待ち下さいね。

すいません河野さん!

それではー。

本日の納品

どーも。

僕です。

本日は吉祥寺にあります風魔プラス1様にリペイントのオーダーを頂いてまして

そのフレーム2本が完成しましたので、ブログにアップしまーす。

今回ご依頼頂いたリペイントフレームはこちら。

f3

Before

Trekのフルサスカーボンフレームです。

このフレームをネイビーメタリック(スバルインプレッサのStiモデルのカラー)と言うご指定でした。
f8

After

カーボンフレームなので丁重にデカールを剥がし、ペーパーで表面を綺麗に慣らしてから

ペイントです。

とても綺麗に仕上がりました。

それともう一本。

f1

Before

こちらはBianchiのビンテージのフレームです。

所々、錆、塗膜の欠けがありますので剥離再塗装のご依頼を頂きました。

フォークもメッキ加工がしてあり、錆も浮いていたので一度剥離してからのブラスト処理を

しました。

f2

こちらはまだ剥離前ですけど古い塗膜も波打っていまして、少しボコボコしてます。

新しく塗り直すカラーはこちら↓これがサンプルです。

f17

以前ステッカーが張ってあった場所で焼けていない所。

と言うご指定を頂きました。

それを。。

f4

After

デカールはお客様のお持込でクリアで閉じ込めています。

f5

鮮やかな色になりました。

f6

f7

こちらのフレームもとても綺麗に仕上がりましたよ。

そして早速納品に行ってきました。

f15

吉祥寺にある風魔プラス1様です。

この界隈では老舗の風魔さん。

f14

主にMTBメインですが、フルサスMTBからロード、小径車まで組み付けメンテナンス

もお得意の風魔さんです。

f9

今回納品したフレームと。

色々なパーツがあってとってもおもしろい。

f10

f18

f13

店内の写真を撮ってるとそこに。

f19

今日は鍵も忘れてしまったので、手榴弾ロック買っちゃいましたー。

ほぼ一目惚れです。

吉祥寺界隈でフレームペイントの事でお困りな方がいらっしゃえば、

是非、風魔さんへ足を運んでみて下さいね。

店長さんが色々アドバイスをくれると思いますので。

それとCook Paint Worksではショップ様用のペイント受注も可能でして、ショップ様価格もご用意しております

のでお気軽にご連絡下さいませ。

Cook Paint Works

担当 畔見

e-mail : hello@cookpaintworks.com

tel & fax : 03-6805-2350

それでは宜しくお願い致します。