自転車専門のカスタムペイントショップ

COOK PAINT WORKS

内閣隆のカスタムバイク

今日はRew10Worksに遊びに来ていました内閣こと、ないかっ君

が半年ぐらい前にRew10でオーダーして、それをCookでペイントしたロードバイクが完成したと言

う事で見せに来てくれました。

どやっ。

e1

ちょいドヤっていますが、とてもご満悦なご様子です。

これかっこいいよー。

何か右上には、しがなそうな背後霊も出てきました。

e4

bluelugでパーツをアッセンブルしたそうで、Rolf PrimaのVigor αホイールを

履かせて、コンポーネントもShimano 6800 New Ultegraをチョイス。

なかなかいいじゃないかくー。

タイヤもClement\Strada lgg 25cのおnewなモデルを履いて。

e3

Rew10の真鍮ヘッドバッジとこの透き通るようなカラーがなんとも綺麗で、

ヘッドバッジとこのカラーの相性は抜群にいいですね。

実はこのカラーなんですが。。

e6

鉄の下地が透ける様なペイントでして、よく見るとハンガーのパイプ集合部分のロウが

少し色濃くなっていますが、これはロウによる色の変化です。

このカラーは透けますのでね。

遠目から見ますと、とても艶があり綺麗なペイントで、

僕らがカラーロウと言う名前を付けているペイントです。

料理長と工房で念入りに打ち合わせをして、サンプルにネイビーの皮のバックを持ってきて

そのサンプルを見ながらこのカラーを決めていました。

カラーロウは色の透け具合や色の濃さなどもご指定頂けますので、

このペイントを気になる方がいっらしゃいましたら、お気軽にご相談下さいませ。

とてもナイスバイクに仕上がりましたね!

今度一緒に走りに行きましょーよ。

ではでは。

ステム イズ ビューティフル

こんばんはー。

昨日も今日も電車通勤の僕です。

明日から自転車通勤します。

フェンダーは必須ですね。

今日の作業の事を書きますよ。

Bluelugの店頭完成車用Fairweatherのフレームをペイントしました。

が、何か物足りないと思いNitto x Fairweatherステムをお隣のRew10Worksで工作して頂きまして。。

s3

相談しに行き、作業をお願いして15分ぐらいして戻ると出来てた。

さすがだね。。

そしてそこからブラスト処理して、サフェイサーまで吹いた所です。

s4

Fairweather CXのカンチブレーキに装着予定なのでアウター受けはいらなくなります。

見た目もシンプルになるでしょう。

後こちらのステムも。。

S1

Fairweather x Nittoスレッドステムもブラスト処理してペイントまでいきました。

スレッドステムのペイントってなんだかかっこいいですよね。

フレームもペイント済みですが、後はお店に納品して若手メカニックが組むのを待つだけ。

近日中にはBluelug店頭でご覧になれますので、どういう感じのバイクになるのか気になる方が

いらっしゃいましたら是非店頭で見てくださいね。

昨日も今日も長靴大活躍です!

それではまたー

Cookへいらっしゃいませ。

こんばんは。

今日は大雪と噂の東京ですが、明日のお台場で行われるCross Raceは

どうなるんでしょうか!?

楽しみですね。

雪の中のRaceなんて本場のベルギーっぽい感じで興奮しちゃいますよね。

そんな中、がんばって走る選手達には是非熱い声援をお願いしますね。

話しズレましたが、Cook Paint Worksでは一般の方でも、工房に足を運んで頂いて

直接私達とペイントのご相談も承っています。

w1

この間いっらしゃいましたお客様は、自ら乗ってきたバイクを見ながら、

料理長とペイントの打ち合わせをしています。

ペインターと直接打ち合わせができるのも、お客様にとっては安心できる所では

ないでしょうか。

また、カスタムペイントでは指示が細かくなってきて、オーダーする方も、

それを受ける僕らも、受注がうまくいかなくなる恐れがある為、カスタムペイント

を希望されるお客様や、お近くにお住まいで直接ペインターと話して決めたいと言う

お客様がいらっしゃいましたら、予約と言う形をとらせて頂きますので当工房まで

ご連絡下さいね。

e-mail : hello@cookpaintworks.com
tel & fax : 03-6805-2350

冬本番な今日この頃ですが風邪には気お付けて下さいね。

帰ったら手洗いうがいは必須です!

ではまたー。

フレーム以外の。。

こんばんはー

最近はフレームのペイント以外にも、こういうパーツのペイントの

オーダーも入っておりますよ。

a5

そう。

リムです。

このリムのペイントを上手に使って

独特な世界観を醸し出しているビルダーさんがいます。

場所はちょっと忘れちゃったけど、アメリカは東海岸のボストン付近?

に工房を構えているAlternative Needs Transportation略して ANT BIKE

この方の作る自転車の雰囲気はとてもクラシックなんですが、なんだか今っぽい感じ

もあり、大変好みなのでちょっとだけ画像をお借りしてご紹介します。

a2

こちらはTruss frameと言うANTの代表的なフレームです。

クラシックですが、こういう感じのバイクかわいいですよねー

このリムの赤ペイントもとても好きです。

こういう雰囲気のバイクでリムがポリッシュって言うのはよく見かけますが、

そこはANTおじさん、流石のセンスです。

a3

このバイクもとても素敵。

正直よくあるコミューターバイクですけど、カラーリングがグッときます。

こちらもリムのペイントがとても良い。

こんなバイクを女子が幡ヶ谷付近で乗っていたら、事件ですよ。

a4

このバイクはフレームとリムを同色にしていますね。

これもかわいいバイクです。

やはりリムのペイントが効いていますね。

最近はディスクブレーキの自転車も増えてきていますので、リムのペイントは

カスタムバイクを作るうえでは重要な所かもしれませんね。

リムをペイントするだけでこんな表情に変わりますよ。

料金は1本7500円(全塗り) 2本13000円(全塗り)

CNCブレーキ面有りのリムはマスキング代でプラス1500円頂いています。

共に税別です。

是非ご相談下さいね!

ではまたー