自転車専門のカスタムペイントショップ

COOK PAINT WORKS

Colnagoリペイント

こんばんは。

以前のブログでもご紹介しました、Colnagoのリペイントがコンプリートバイクとなって

完成しましたのでブログアップします。

まずはペイント前の画像から。

c1

新品のこの状態のバイクを買ってきて、すぐcookまで持ってきて頂き

そしてリペイントのご依頼でした。

新品のバイクを剥離再塗装してリペイントは史上初です。。

そして出来上がったペイントがこちら。

c3

ガンメタリックにメッキラグ残しでロゴはダウンチューブのみ。

とてもシンプルで大人っぽい雰囲気になりました。

そしてコンプリートバイクがこちら。

c1

オーセンティックな雰囲気で、ハンドルバーは街乗りNo 1の呼び声高いNitto RB001ブルホーンバーを

装着して、レバーはDia Compeのギドネットレバーとの鉄板セットだ。

c3

c2

今回のパーツ選びと組付けなどはブルーラグ上馬店にご協力頂きました。

いつもありがとー。

今現在お乗りのバイクをペイントしたいけど、どうしたらいいのか分からない方や

ぺイント後にパーツをアップグレードしたい方などは一度ブルーラグ上馬店に自転車を持って来て頂けると

上馬店でペイントの細かい打合せも出来ますし(cookペインターが上馬店まで向かいます)またその場でパーツのご相談も

承れますますので、あっちこっち行かなくても済みますよー。

その場で完結します。

幡ヶ谷店でももちろんお持ち込み大歓迎です。

ただペイントの打ち合わせが必要な時は上馬店かcook工房での打合せとなってしまいます。

ぜひあなたのご要望お聞かせ下さいませ。

ワクワクするような楽しいバイクを作っちゃいましょうよ。

それでは宜しくお願い致しまーす。

ラック&フェンダーペイント

こんばんは。

本日はラック&フェンダーのペイントをご依頼を頂いてたものが完成しましたのでブログアップします。

アルミのフェンダーでは右に出るもはないメイドイン葛飾区の本所工研のフェンダーとフロムカリフォーニャの

これまたハンドメイドラックでは右に出るものはいないPass&Stowのフロントラックが今回ご依頼頂いたパーツです。

ペイント前はこちら。

a7

元々のフェンダーはアルミのポリッシュでラックはグレーっぽい塗装になっています。

そして完成。

まずはラックから。

a1

cook十八番のマッハシルバーでペイントしました。

これもバイクの雰囲気に合わせて少し光沢感がある感じでフィニッシュ。

これがかっこいいんだよな。

こっそりバイクと合わせてみましたが、反則レベルでした。

かっこいいに決まってるじゃないか。。

そしてフェンダー。

a5

センターのパープルカラーの幅はコレに付けるバイクのヘッドチューブ幅となっています。

このパープルはフレームカラーと同色なのでフェンダー取り付けて上目から見たときには

フェンダーのパープルの幅とヘッドチューブ幅が同じなのですっきり綺麗に見えます。

a3

フェンダーサイドのホワイトのラインもこのフレーム胴抜きカラーと一緒にしています。

ちなみにフレームは海外のハンドメイドフレームで、フレームペイントも海外でペイントしています。

a8

そして今回フェンダーの光沢感を消し梨地仕上げにしてみました。

梨地とは少し違うけど艶消し的な雰囲気です。

よく見るとうっすらヤスリ目も見えてこれまたかっこいいんです。

もはや水をしのぐ為だけのパーツではないですね。

フェンダーでもこんな塗り分けなども出来ますのでご相談下さい。

まだこのバイクは完成していませんので、全貌はブルーラグ上馬店のブログで

登場すると思いますので、乞うご期待。

それではまたー。

分割フレームペイント

こんばんは。

本日はお隣Rew10Worksの分割フレームがコンプリートバイクになって戻ってきまして

すんごくかっこ良かったのでブログアップします。

b3

ペイントはcook paint worksでパーツアッセンブルはブルーラグ上馬。

共同作業の結晶の証がこんな素敵バイクとなって戻ってきました。

お隣で最初見た時は溶接前の鉄パイプだったのに。。

それがこんな風になるとすごいなって思ってしまいます。

なんでもそうですがストーリーがあるとグッと引き込まれますね。

そういうのもカスタムバイクの醍醐味なんでしょう。

b1

気になる仕様ですが、これまたすごいんだわさ。

Ritchey Brakeawey式の分割フレームで、ベルトドライブ、シマノアルフィーネ内装ハブをロードレバーで

変速させちゃう変態仕様。

たまらんでしょー。

この見た目と裏腹に内容てんこ盛りで夢いっぱいのバイクとなっています。

パッと見がシングルのバイクにしか見えないけど。。

b2

スムーズに内装変速してベルトだから音が静かでこれまた漕ぎ出しスムーズ&パンツの裾がクリーンで、

走れば勝手に強力ライトが付いて夜も安心、最後はフレーム2分割にして遠い異国の地まで

運べるんだぞこのバイクは!

こちらのオーナー様には頭が下がりました。。

Nさん素晴らしいです。

こんな素敵なカスタムバイク共にこれから豊かなバイクライフが待っているに違いないですね。

ペイントとあまり関係が無かったですが、こんなバイク紹介してみましたー。

それではまた。

様様な

こんばんは。

台風が近づいて来ているそうですね。

そろそろ大崎、カブネ方面へ向かわないと。明日に期待。。

そんな嵐の前の静けさ漂う本日ですが、最近フレームペイント意外にバイクパーツのペイントオーダー

が多数入ってきましたのでブログアップします。

本日の釜。

b2

ステム、剥離再塗装フレームx2、フェンダーx2、ハンドル、ヘッドパーツ(ワン)がペイント予定の物です。

バイクパーツがすごい増えてきましたよ。

こだわり派の方が増えてきたんだな~。

b1

こちらはRew10Worksのフレームでして、ブルーラグ上馬店で本日納車予定のバイクです。

ペイントはcook paint worksでフレームと日東製のラックをマッチペイントで仕上げています。

完成車になるとグッとかっこよくなってしまうのはなぜなんだろうか。

さりげないマッチペイントがとても効いていますね。

かっこよすぎでしょ。

b3

そして高級カーボン繊維のパーツももちろんペイントしています。

最近はカーボンフレーム、カーボンフォークのご依頼が多いです。

特にこの泣く子も黙るENVEフォークのペイントが人気です。

b4

ENVEロゴもお好きな色でペイント出来ますし、もちろんフォーク本体も

何色にでもペイントできますのでお手持ちのフレームカラーに合わせてみるのも◎

こんな細かいパーツのペイントですが出来上がって完成車にして見た時に、うっすら感動を

覚えるくらいの衝撃が走っちゃうと思いますので、そこんとこよろしくです!

まずはご相談をー。