自転車専門のカスタムペイントショップ

COOK PAINT WORKS

こんばんは。

本日は大坂にありますプロショップBicycle Studio MOVEMENT様とCorner Bikes様よりご依頼を頂いて

いましたペイントが完成いたしましたのでブログアップします。

まずはMovement様からご依頼いただいていましたExtar protonのペイントから。

a1

このフレームはMovement様でオーダー出来るハンドメイドフレームですね。

本当にいつもいろんなバイクをかっこよく組んでいるのをブログ拝見しています。

ボルト類に力を入れている辺りも本物のバイクショップですね。笑

そして今回は単色オフホワイトカラーでロゴは塗分けでペイントしています。

こんなシンプルなペイントだけどそれでもCookを利用してくれています。

嬉しいですね。

なので大坂方面のショップさんビルダーさんからのお仕事は少し緊張すると共に

気合が入ります。

a2

ThomsonステムとEnveカーボンフォークのマッチペイントもさりげなく。

このさりげなさが素敵。

a3

堀さん、コンプリートしたら是非画像送ってくださいね!

そして、日本の若手フレームビルダーでグイグイ頭角を現してきた

Corner bikes様のペイントはこちら。

a4

今回2本のペイントのご依頼を頂きましたが、もう1本はまだ写真に収めていませんので

次回に回します。

こちらのフレームも単色メタリックグリーンです。

ロゴは塗分けでペイントしています。

安定のかっこよさ。

b1

Cornerロゴも素敵。

b2

フレームビルダーの寒川(ソウカワ)さんは僕より全然若くてイケメンでして、

自転車の知識もそうなんですがとてもセンスがあり、そして人当たりがよくお客さん一人一人

に親身になって話を聞いてくれる数少ない有望なフレームビルダーだと思います。

褒めすぎた。

でも本当の話。

僕の話なんかより彼のwebsiteをまずはチェックしてみて下さい。

気になってしまった方は直接お会いして来た方がいいと思います。

是非お見知りおき頂けたらと思います。

大坂方面にお住まいの方は是非チェックしてみて下さいね。

それではまたー。

 

 

soulcraft bikes

こんばんは。

本日は、以前UsaハンドメイドフレームSoulcraftフレームのペイント依頼頂きました

元ジャジャマガ、現マフィオッソのKenpeiさんが出来上がった

Newバイクを工房まで見せに来てくれました。

まずはフレームのペイントから。

S2

これだけでもかっこいいです。

色も素敵ですね。

人気があるEnveカーボンフォークとカーボンステムもフレームカラーとマッチペイントにすると

こんなに統一感がでて、違和感がありませんね。

そして。

a1

コンプリートバイクをお披露目です。

何だこれ。

かっこいいー!

このパーツアッセンブルもずるいな。

総重量は8kg台らしいです。。

a2

そしてkenpeiさんとSoulcraft

リアルBody&soulです。

こんなコンプリートバイク見せられちゃうと、何か新しいバイク組みたくなっちゃいますね。

素敵バイクを見させて頂きありがとうー!

今度Soulcraftミーティングしましょー。

それではまた。

卒業制作展写真集

こんばんは。

本日は東京サイクルデザイン専門学校のS講師さんから久しぶりにペイント2本の

ご依頼頂きました。

工房に直接お越し頂きまして、お土産に写真集頂きました!

a1

去年に開催されました東京サイクルデザイン専門学校のその年の卒業生による

最後の製作展写真集を頂きましたよ!

これはレアだ。

中を開くと。。

a2

クオリティ高めな写真です。

この卒業制作展でCookでカスタムペイントさせて頂いた

フレームは9本ありました。

すごい。

a4

このマジョーラカラーのフレームも。

フレームもペイントもインパクト大。

a3

こちらのフレームもCookによるペイントですが、「コルナゴジャパン賞」を取っていましたね!

やったぜ!

とても嬉しいですね。

最近生徒さん達のご依頼が少し少なくなってきましたが、作ったフレームをペイントして

組み付けてしっかり乗ってみると言うのも勉強の一つだと思いますよ(上から言っていません)

なので、せっかく作ったモノなんで乗ってみてください。

まずは単色のペイントで十分だと思います。

そこから何年も勉強して「これだ」っていうフレームが出来たら

カスタムペイントで仕上げてもいいかもですね。

そして、Cookでは生徒さん用の学割プライスリストを特別に用意しておりますので

お気軽にお問い合わせくださいね。

それではまたー。

アースカラー

こんばんは。

最近アースカラー系(くすんだブルーにグリーン、ベージュ、ブラウンなどなど)が人気ありますね。

特にグリーンの人気がはんぱない。

僕もグリーン系は大好きです。

そして、完成間近の本日の釜。

a3

これぞ、アースカラーと言う名にふさわしいカラーばっかりです。

どれも微妙(いい意味で)なニュアンスで調色が大変です。

アースカラーはアメリカのヒッピー文化から生まれてきたカラーらしいです。

70年代のアメリカはこの手のカラーの車だったり、家の壁紙だったりと日常でも

多く使われていたらしいです。

昔のアメリカ映画なんか見るとこんな感じの色をどこかのシーンで見かけますよね。

色でお悩みの方いらっしゃえば是非参考にして下さい。

そして。

a1

カラーサンプルを借りにブルーラグ上馬店へお邪魔した所、こちらも以前ペイントした

アースカラーのフレームが完成車になっていたので一枚納めときました。

なんだよグッドタイミングではないか。

そして、このフレームカラーのサンプルはこちらでした。

a2

ジルベルソーのエンドキャップのパッケージ。

簡単に言うとダンボールカラー。

レベル高めサンプル。

素敵なアースカラーです。

色々カスタムしている感じに見えましたが、これでサドルとバーテープくらいしか変えていないそうです。

ほぼほぼノーマル車。

このバイクかっこいいですよ。

フレームのペイントとちょっとだけのカスタムでここまで変わってしまいます。

これぞ技ありバイク。

自分の好きな色で最初から乗れるなんて最高ですよね。

何でもそうですけど、こういうちょっとした「こだわり」みたいなものをちょろっと落とし込んであげると

それが自分だけの物になって、それを大事にして、長く付き合えていけると思います。

是非、ご相談くださーい!

それではー