自転車専門のカスタムペイントショップ

COOK PAINT WORKS

工房打合せ

こんばんは。

最近、個人のお客さまからも直接ご依頼頂いておりまして

ペイントの細かい指示等がある場合cook工房で打合せしてからの作業という流れも行っています。

そして工房に直接来られる皆さんがとても素敵方達なのでブログアップしちゃいます。

a1

こちらのお客様は今cannondaleのリペイントをご依頼頂いております。

イメージをしっかり持っていらして、色味の確認を念入りにしました。

N様、只今作業中ですのでもう少々お待ち下さいませ!

a2

そして、僕の先輩メッセンジャーRaykay氏

colnagoの新品バイクを買ってすぐ乗り付けてきて、「ペイントお願いします!」って

ご依頼頂きました。

今、写っているバイクは納車後のものです。

ほぼほぼお任せみたいな感じでご依頼頂きましたが、納車時にはとても喜んで頂けました。

今回はありがとうございました。

a3

そして、先日の火曜日にお越し頂いたナイスガイの西田さん。

原宿にあります某ショップのカリスマ店員さんで、大のコジハルのファンです。

しっーだよ。

この西田さんのRetrotecも以前Cookでペイントしました。

イケてるバイクを何台も持っていますが、今度はハンドメイドのロードバイクをオーダーすると言う事で

そのフレームのペイントの打ち合わせにお越し頂きました。

まずはフレームが楽しみですねー。

そしてリピーターの方も増えてきたのでとても嬉しいです。

a4

そして、本日打合せをしましたM様。

こちらの方も以前にペイントのご依頼を頂きました。

今回はお手持ちのKinfolkフレームリペイントのご依頼を頂きましたー。

ありがとうございます。

最近は仕事前に走っているMさんをインスタで見ていましたが、

今月に北海道で行われるRaphaのプレステージに出走する為だったのかと謎が少し解けました。笑

朝5時くらいに起きて走っているらしいです!

見習いたいと思います。。

こんな素敵な方達からご依頼頂けて本当に嬉しいですね。

ほとんどのペイント作業はお客様の顔を知らずに作業する事が大半ですけど

顔を合わせてからご依頼を頂けると、何だか安心してしまいます。

職人仕事とは言え、僕はオープンであり偏っていない人だと思っています。

何に対しても難しい人になりたくないし、逆に僕が知らない事は是非教えて頂きたいと思っている人間です。

特にプライドなんかも高くないですので。

気難しいおじさんペインターではないのでその辺はご安心下さい。笑

それではペイントのご依頼お待ちしておりまーす!

Kinfolk x3

こんばんは。

本日はKinfolk Bicycle様からご依頼を頂いていました、ペイントフレーム3本が

完成しましたので、ブログアップします。

早速完成。

k1

こちらはとてもストイックな匂いがする44mmヘッドチューブのグラベルロード。

かな?

単色のマットブラックです。

k2

ロゴは全て塗り分けでペイントしています。

しかもロゴはクリアです。

素敵。

そして2本目。

k4

EnveフォークとSim Worksステムのマッチペイントです。

鮮やかなブルーで統一感があり、これ組んだら素敵バイクになってしまう事間違いなし。

k3

もちろんロゴも塗り分けでペイントしています。

このフレームも素敵な仕上がりです。

そして3本目。

k6

少し小さめのフレームで女性のお客様からオーダー頂いたフレームらしいです。

フレームカラーは少しくすんだクリームとロゴカラーはオレンジでこの相性が良すぎる

配色は絶妙です。

とてもかわいい色合い。

k5

この3本ちょっとお洒落な感じ。

今回はとてもいいペイントのご依頼頂きました。

ありがとうございました!

最近、大阪方面のビルダーさんショップさんからのご依頼が増えてきました。

まだまだこれからもお取引して頂けるビルダーさんショップさん募集中ですので

お気軽にお問い合わせくださいね。

ココだけの話、業販向けのプライスリストなどもご用意しておりますので。

シッーですよ。

それでは宜しくお願い致します!

cannondaleリペイント

こんばんはー。

本日は大坂にありますイケテルプロバイクショップのMovement様から

ご依頼頂きましたペイントが完成しましたのでブログアップします。

ペイント前のフレームはこちら。

a1

新しいcannondaleのカーボンフレームです。

そして、完成がこちら。

a3

今回はcannondaleのデカールを頂きクリア下に閉じ込めています。

ペイントではありません。

a5

そのクリアで閉じ込めた後に何回も磨いて段差を極力なくして仕上げています。

最近、手首が痛くなってきました。笑

a4

a6

当時のcannondaleの雰囲気になりましたね。

このくらいの年代のcannondaleは今でもカッコイイと思います。

こちらのフォークはテーパードになっていますが。笑

そんな所も◎

最近、大阪方面のショップさんやビルダーさんから嬉しい事にペイントの御依頼を

頂ける様になりました。

大坂と言う街には名立たる自転車屋、自転車問屋が沢山あり日本のトップフレームビルダーも

工房を構えそれに昔から続いている歴史あるペイント屋さんも多く存在している、言わば自転車の聖地の大坂。

そこを飛び越えて私達の工房がありますここ東京までわざわざご依頼を頂ける事は私たちにとって

大変意味があることだと思っております。

そして、これからも気を引き締めて頑張っていきたいと思っておりますので

cook paint workを宜しくお願い致します。

ペイントの事で困った事がありましたらいつでもご相談下さいませ。

それではまたー。

岡安製作所

こんばんは。

本日は岡安製作所の鉄ワンフレームのリペイントが完成致しましたので

ブログアップします。

以前のフレームはこちら。

o6

工房での打合せからほぼほぼお任せペイントの御依頼頂きました。

こちらのお客様のU様のベストショットも頂きました。笑

お茶目。

ペイント前のフレームはロウフィニッシュで錆も少し浮いていましたので、

部分的にサンドブラストで錆除去をしてからのペイント工程へ。

そして。

o4

いきなり完成に近い状態ですが、リペイント後ブルーラグ上馬店でパーツを新調して

組付け作業をお願いしています。

そしてペイントの方は金属調塗装、通称マッハシルバーでフレーム&フェンダーのマッチペイントです。

今回はハンドルとヘッドパーツのワンもペイントしました。

いつもは重たく見えがちなフェンダーが付いていてもこのシャープさがある感じは何なんだろう。

色のせいかな。

o5

無機質な雰囲気でとてもかっこいいバイクです。

僕、大変好みです。

o2

o3

トップチューブの岡安製作所ロゴが塗り分けで入っています。

o1

フロントビューな感じも何だか強そうだぞ。

これぞ質実剛健という言葉がとてもお似合いだと思います。

あんまり意味は分かっていませんが、打合せ時にこのキーワードを伝えられまして

果たしてイメージ通りだったのか今度聞いてみます。

でも相当イケてるバイクには違いないと思いますよ。

最近フェンダーペイント流行っていますが、もっと流行らせたいのでフレームを新しくペイントする際には

同時オーダーお待ちしておりますね。

素敵バイクになっちゃうこと間違いなしなので。

それとフレームと同時オーダーの場合、パーツのみのペイント料金が半額になると言う特典付き。

これぞ一石二鳥でございます。

イェイ。

それではまたー