自転車専門のカスタムペイントショップ

COOK PAINT WORKS

corner bikes

こんばんは。

本日はcorner bikesフレームのペイントが完成しましたので

ブログアップします。

a1

今回はシンプルなペイントでロゴの一文字だけピンクにペイント。

かわいい。

そして頂いたサンプルはこちら。

a3

こちらのraphaのジャージカラーでした。

このフレームとジャージのセットアップで乗っている写真がありましたら

ぜひ送ってくださいね!

そしてもう一本は。

corner bikesのインスタグラムから拝借させて頂きました。

a4

ベースカラーはブラックにロゴはイエローのこちらもシンプルなペイントでした。

シンプルイズベストとはよく言いますがその言葉がばっちりハマってしまうのが

このcorner bikesなんです。

この画像からでもかっこいい雰囲気が伝わってきますよ。

さすがです。

けど、このあいだ開催されました秋が瀬の森バイクロア5のチーム戦ではcorner bikesビルダーの寒川さんと

走る順番が一緒になり、いざ真剣勝負となりましたがぶち抜いてやりました!笑

まっそんな事よりいつもお仕事させて頂いている方達と一緒にレースで走れるなんて

とても嬉しかったですよ。

最高な瞬間でした。

でも僕の方が速かったけどね。笑

いつもお伝えしていますけどこちらのcorner bikesさんは大阪を拠点に精力的に活動している

フレームビルダーさんです。

関西圏の方でハンドメイドフレームが気になっている方は、ちょっとだけ工房にでもお邪魔してみるのも

いいのではないのでしょうか。

絶対楽しいと思いますよ。

それではまたー。

Steel is real

こんばんは。

寒くなってきましたね。

明日と明後日に野辺山で行われるRaphaスーパークロス野辺山が開催されますねー。

実は行きたかった!走りたかった!

それはまた来年にとっておいて、今回もどんなレースになるのか楽しみにしていますよ。

参加される方は怪我なく思いっきりドロドロになってきてくださいね。

寒くなりそうなので防寒はしっかりと。

僕もこのレースに出場した事がありますが、開催地の野辺山は本気の山の寒さです。。

本日は最近フレーム加工からのペイントのご依頼が増えてきていますので

その模様をブログアップします。

a7

こちらフレームはSurly 1×1フレームです。

どこを加工したかと言うと。。

a2

センタースタンド台座を取り付けました。

もちろん加工のお仕事はお隣のrew10worksで。

「スタンド台座なんてわざわざ溶接して取り付けなくてもアタッチメント付けて

挟み込んで付ければいいじゃない」っと思っているあなた。

実はセンタースタンドは以外に力がかかるところでして、スタンド台座自体がしっかり固定されていないと

スタンドを立てた時にずれてしまうのです。

特に荷物を乗せて車重が重たくなった時にスタンド立てると不安定になります。

1

またこの様にパイプに挟んでスタンドを取り付ける場合そこそこのトルクが必要なので

挟まれているパイプが凹んでしまいます。泣

自分もちょっとだけ凹みますが、でもこの取り付け方だとしょうがないのです。

2

スタンドの固定力に不安がある方は是非この様な取り付け方をお勧めします。

センタースタンド台座とその取り付け料金は15,000円です。

元々のブリッジを切断する場合4,000円のアップチャージとなります。

共に税抜き価格。

a1

a6

こういう事が出来るのも鉄フレームならでは。

僕もやっぱり鉄が好きです。

a4

a3

そしてもう一本は最近グイグイきてるAll Cityのトラックフレームの加工です。

前後ブレーキは取り付けられますが、リアブレーキのアウター受けが付いていません。

この方はケーブルをインターナル仕様に加工しましたね。

やりおるな。

これでブレーキケーブルがすっきり。

どうせ付けるのであればかっこよくという精神に共感致します。

鉄フレームはその人自身の使い方に合わせてカスタマイズできる素材なので

お手持ちの鉄フレームがありましたら一度ご相談下さい。

そしてフレーム加工後ペイントのご相談もご一緒に。笑

それでは宜しくお願い致します。

e-mail : hello@cookpaintworks.com
tel & fax : 03-6805-2350

秋が瀬の森バイクロア5

こんばんは。

今日は先日行われました秋が瀬の森バイクロア5の模様をブログアップします。

a1

もう手馴れたもので設営も順調に行えるようになってきました。

天気も良くイベント日和でした。

a2

お隣のブースにはRFWさんも出展していました。

昔、仲良くして頂いてた先輩がやっています。

RFWのスニーカーは僕も何足か持っていますけど履き心地もよく

デザインもかわいいし、色々なカラーも豊富に揃っているのでRFWをまだ知らない方は

HPをチェックしてみて下さいねー。

このイベントは様様なお店や美味しい食べ物やさんも出展していますし

キッズが思いっきり遊べるようなツリーハウスなどもあるから自転車に乗らない方がいても

一日楽しめちゃうイベントなんですよ。

年々来場者が確実に増えています。

a4

そんなこんなでお客さん達で賑わってきましたよー。

a3

浣腸スタイル!

a6

これぞWild Style!

a8

bakansu cycleのフレームビルダーtama5さんです。

このイベントにはcookとお付き合いのあるフレームビルダーさんや

バイシクルショップさんなども多く出展していました。

青空の下でペイントの打合せもやっちゃいます。

a7

皆さんとても楽しそうにしていますねー。

a5

キッズレースもあるのでいたるところにキッズレーサーを見かけましたよ。

アットホーム。

a9

そしてキッズレーススタート前。

子供達の真剣な表情は何かグッと来る物があります。

最高です。

a14

a10

a11a13

最後にファミリータンデムだ!

もう心を奪われてしまうこの絵。

癒されます。

ファミリータンデム画像の上の3枚の画像は変態自転車愛好家の方達の

パフォーマンスですが、イベントを盛り上げてくれます。

あっ五郎丸の写真撮るの忘れたー。

あとからジワジワきた五郎丸。。

とてもまとまりのないブログになってしまいましたが、

今回もcook paint worksと言う自転車フレーム専門のペイント屋の宣伝をしてきました。

お話させて頂いた方の中の約6割の方はcook paint workと言うペイント屋の事を

知っていたので少しビックリしましたが残りの4割の全く知らなかった方達には

良いアピールが出来たと思います。

お客様からはサンプル車両のペイントを見て「こんなペイントできるんだー」

「このくらいのペイントにするといくら位?」とか様様なご質問も頂けたので

フレームペイントにご興味ある方も居られるんだなと少し安心致しました。

とても嬉しかったです。

でもまだまだ知られていないペイント屋ですのでこれから少しづつですがこういうイベントに顔出したり

色々な形で良い宣伝をしていきたいと思います。

そして私達はまだまだ若い世代のペイント屋で、いつでも頭柔らかくして

ご相談お待ちしておりますので思い描いた物を私達にぶつけてみてくださいね。

e-mail : hello@cookpaintworks.com
tel & fax : 03-6805-2350

それではもうすぐ12月に入りますけど、引き続き宜しくお願い致しまーす。

続くKinfolkペイント

こんばんは。

前々回のブログもKinfolkのブログでしたが

またまた今回もなのでよろしくお願いします。

a7

シンプルカラーですが今回はラメラメブラックです。

a1

パープルロゴが効いていて配色が素敵ですね。

かわいいなー。

a3

a4

こちらのフレームは大阪のバイクショップ界隈で有名な女性が乗られるそうなので

関西CXやその他のレース会場でお見掛け出来ると思います。

最近カーボンフレームのお問い合わせが増えてきていますが

カーボンフレームももちろんペイント可能ですので、お話聞かせてください。

工房での打合せも行っていますので。

cook paint works
e-mail : hello@cookpaintworks.com
tel & fax : 03-6805-2350

それでは宜しくお願い致します。