自転車専門のカスタムペイントショップ

COOK PAINT WORKS

ステムカスタムペイント

世田谷区は雨が降っています。

どーもこんばんは。

本日は大阪にあります、Bicycle Studio Movement 様ご依頼のステムのカスタムペイント

が完成しましたので、ブログアップします。

ペイント前の画像はこちら。

c3

Orcaのカーボンステムです。

こちらのステムが大変身しまして。

c1

日章旗カラーに変身。

このカスタムペイントすんごいですよ。

インパクト大なカスタムペイント。

Cook料理長もこっち系のペイントは好みです。

あえて、White Stripesカラーと名付けましょう。

c2

真上から見るとこんな感じ。

どんなバイクに合わせるのか、僕はとても楽しみにしています。

十人十色なカスタムペイントのお手伝いを出来ればと思っておりますので、

あなたが思い描いているカスタムペイントを私達にこっそり教えて下さいね。

お問い合わせ、お見積もりなどは無料ですので。

まずはご相談を。。

カスタムペイントの指示が困難な場合、当工房にて打合せも可能ですので、

こちらまで↓ご連絡下さい。

Cook Paint Works
e-mail : hello@cookpaintworks.com
tel & fax : 03-6805-2350

それではよろしくお願いしまーす。

グラデーションペイント

こんばんは。

あぜ串です。

台風が近づいていますね。

本日はつい先日Surlyストラグラーのカスタムペイントが完成致しましたのでブログアップします。

どどん。

b1

濃い目グリーンから鮮やかなグリーンへと変わるグラデーションペイントです。

最近なんだかグリーンのペイントが人気の様な気がしますけど、気のせいかな。。

b7

そこまで目立つカスタムペイントではありませんが、シンプル好きな方でしたら、

この様な2色のグラデーションペイントなども素敵だと思います。

飽きもこなそうなペイントですよね。

このグラデーションペイントは色の組み合わせなども自由ですし、少し派手目にいきたい方は3色使っても良いと思いますよ!

そして早速、ブルーラグ幡ヶ谷店で納車されたと言う事でCookまでわざわざお越し頂きましたー。

ありがとうございます!

b3

無理を言って写真何枚か撮らせて頂きました。

彼女さんのCross Checkもナイスバイクでしたよーでも今回は自転車だけで。

お二人共Surly乗られて、一緒にツーリングなんてとても素敵じゃないですか。

b2

やっぱり、バイクになるとすっごいカッコイイなぁ。

このバイクだったら、ダートツーリングもいけますな。

単色もいいけど、こういうちょっとしたカスタムペイントでも、ガラリと雰囲気が変わってしまいますよね。

とてもナイスバイクでした。

そして、今日の料理長は。

b4

ながーいカーゴバイクのペイントしておられます。

戦苦闘中。

残すは約1週間。。。

それではー

特大カーゴバイク&告知

こんばんはー。

今日は、cook史上一番大きいカーゴバイクフレームのペイントを

東京サイクルデザイン専門学校様からご依頼を頂きました。

どどん。

a2

1800×500くらいはある、カーゴバイクです。

とても大きいです。

こちらのバイク完成したら見てみたいですよねー。

ただのカーゴバイクではなさそうですよ。

実はこちらのカーゴバイクは来る11月7日(金)~9日(日)に幕張メッセで行われる

サイクルモードに東京サイクルデザイン専門学校のブースにて展示されるバイクと言う事なので、

こちらの完成車を見たい方は是非サイクルモードへ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

僕も、ご挨拶がてらサイクルモードへ遊びに行くかもしれません。

このカーゴのペイントもおもしろい感じのカスタムペイントですので、是非楽しみにしていて下さいね。

そして、もう一つ告知。

a3

同じく東京サイクルデザイン専門学校の講師を務められていて、自身でもGifted cyclesと言う名義でフレームビルダー

としてもご活躍な、高橋さんが製作したバイクが新宿伊勢丹で行われている、Tokyo Playと言うこちらのイベントの方で展示されている

との事ですので、ファッション&バイシクル好きなあなたは、是非チェックしてみて下さい。

今現在開催中で、残り少ないですが今月23日(火)までやっているそうですよー。

チェケラッチョ。

a1

ちなみにこの展示してありますバイクがGifted Cyclesさん製作のもので、ペイントはCook Paint Worksによるものです。

すんごいですから。

バイシクルイベントが盛り沢山ですが、色々な情報や、中々見れないものが生で見れてしまったり、

サイクリストの交流などもこういうイベントならではですので、

是非、足を運んで見て来て下さーい。

それでは。

秋の夜長はいかがお過ごしですか。

こんばんは。

アゼクシーです。

本日は、中野区新井にあります、MTBバイクショップのBreeze様からご依頼頂きましたリペイントが

完成しましたので、ブログアップします。

ペイント前の画像はこちら。

11

COVEと言うカナディアンブランドのフレームです。

こちらのフレームが。

6

僕の大好きな淡いブルーに変身しました。

イメージががらりと変わりますね。

デカール類も全て新しくしてクリアの中に閉じ込めています。

山に遊びに行って、その後に洗車しても水でデカールが剥がれる事はなくなりますね。

ナイスソリッドカラーです!

続いてもう一本。

ペイント前の画像です。

12

こちらも同じくCOVEのフルサスフレームです。

この単色パープルを一身したペイントがこちら。

↓ドライブサイドカラー。

7

完成したのはただの単色ペイントではございません。

8

ノンドライブサイド↑

ロゴカラーに合わせて左右反転しています。

これがかっこいいんですよ!

9

この鮮やかなブルーに、ブラウンの2色の相性もバツグンです。

そして、出来立てほやほやのフレームを持って本日の昼ごろに納品に行ってきました。

1

かわいい看板から、中へおじゃましますと。

2

往年のritcheyバイクが鎮座しており。

TangeのスイッチブレードフォークにVブレーキのセットがたまらんですね。

5

店内には所狭しとアウトドアウエア&グッズがずらりと並んでいます。

こちらのお店のテーマでもあるBike&Outdoor

素敵ショップ。

色々見たかったですが、時間が。。

3

自転車もたくさん置いてあります。

シティバイクからロードバイク、もちろんMTBまで。

一番奥にはメカスペースも。

4

そして、今回納品させて頂いたフレーム2本を並べさせて頂きました。

実は僕のうちから自転車で5分くらいの所にあるbreeze様ですが、毎週水曜日は定休日となっていて

いつも行けませんでしたが、今回納品をかねて始めてお伺いできました。

お店のスタッフさん達も素敵な方達で、またいつか時間作って遊びに行きたいなと思ってしまったショップさんでした。

是非お近くの方は遊びに行って見て下さいね。

もちろん、こちらのBreeze様でフレームペイントの相談も出来ますので。

それでは!

色々なカスタムペイントバイク

鈴虫が鳴いています。

こんばんは。

どーも僕です。

昨日ブルーラグ上馬店へ助っ人でお呼ばれしまして、お手伝いして来ました。

店頭を見渡すとcookでペイントしたフレーム達が組みつけられていたり、納車済みのお客様が

作業のご依頼でピットに持ち込まれてきたりで、cookでペイントしたフレーム達が

ナイスコンプリートバイクになっていたので、そのバイク達をアップしますね。

k3

こちらのSurly Trollのお客様は以前自分が担当させて頂いたお客様で、今回はメンテナンスの

ご依頼でピットイン。

フレームに描いてある絵はお子様が描いた絵です。

実はこの絵はクリアの中に閉じ込めているので、パーツクリーナーや洗浄剤では落ちません。

k4

こういう感じもいいですよねー。

余計に愛着が沸くバイクになると思います。

かわいいポイント100、家族愛ポイント100を勝手ながら付けさせて頂きます。

お次は。

k1

このSurly Trollのペイントもすごいんです。

画像では分かりにくいですが、キッラキラのラメが入っています。

フレーム単体で見たらインパクト大でしたけど、コンプリートバイクになると、

ペイントが少し和らいでかっこよくなってしまいます。

うん。

とてもいい感じっす。

こういうパーツの色の外し方も好みです。

ペイントと関係はありませんが、外しテクポイント100を付けさせて下さい。

グレーのTシャツを着たら、グレーの靴下は履きません。

続いて。。

k5

こちらも以前cookでペイントしましたSurly Cross Checkです。

フレームカラーと同系色の同抜きもいい感じ。

同抜きの所に[SURLY]ロゴを貼るのでしょうか?

かっこいいダイナモライトも付いているので、エブリデイバイクにするのでしょう。

これもナイスバイクだぁー。

同抜き部分のカラーにはご指定があり、このバイクのオーナーが好きなジャガリコのパッケージのグリーンと言うご指示でした。

3

ジャガリコ好きポイント60を付けさせて頂きます。

少し低いポイントですが、全体のフレームカラーがジャガリコグリーンでしたら100ポイントでしたー。

そしてそして。

k6

次にピットインして来たのはこちらのSurly Disc LHTです。

これもcookでペイントしたフレームで、比較的簡単なエンドの塗り分けとシートチューブの同抜きペイントです。

k7

やはり、バイクになるとすごいオーラを放してくれますよー。

こう言うカスタムペイントはバイクを組んで完成した時に、アクセントをくれると言うか、

とてもかっこいい雰囲気を出してくれると思います。

やさしくて力強い塗り分けポイント100

このさりげないカスタムペイントがポイントかもですね。

イェアー。

カスタムペイントのご依頼も幡ヶ谷店、上馬店でお受けしていますので是非店頭でご相談下さいね。

それではー。

こんばんは。

今日の天気は秋晴れでしたね。

とても過ごしやすかったです。

そんな本日は、銀座Velo Style Ticket様ご依頼のEBSフレームのリペイントが完成しましたので、

ブログアップします。

今回ご依頼頂いたフレームは生地の状態でお預かりしました。

a1

a3

こちらのフレームが。

a7

a5

メタリックネイビーにペイント完成です。

とても深いネイビーにメタリックが入っています。

大人っぽくて、ナイスカラーですよ。

a2

最近メタリックカラーのご要望が多いですが、メタリックの粒子の大きさなども選べますので

お気軽にお問い合わせください。

僕は粒子が細かめのメタリックが好みです。

僕の好みはどうでもいいですねー。

それではまた。

こんばんは。

最近、蚊にものすごくビビッています。

実は2、3日前の夜、寝ようとした時に蚊の飛んでいる音を確認しちゃいました。

そこから蚊と2時間の格闘の末、やっつけましたよ。

この手で。

夜中に小さなガッツポーズもでましたよ。

本日は、最近マッチペイントのご依頼が多いので

ちょっとだけご紹介しますね。

a1

こちらはSurly LHT Deluxフレームです。

単色のペイントですが、ハンドルもフレームと同色にしちゃうマッチペイントと言うヤツです。

ただ、ハンドルを同色にしただけでしょって思っちゃう絵ですが、これがバイクになった時には

ものすごいインパクトがある絵になってしまのですよ。

あまり、大きな声では言えないですけど、このマッチペイント料金はフレームと同時オーダーの場合

ハンドルのペイント料金が通常9,000円ですけど半額の4,500円(税抜き)になりますよー。

例えばステムのマッチペイントでもステムペイント料金が通常8,000円ですがフレームと同時オーダーの場合半額の4,000円(税抜き)で

いけちゃいます。

なんてナイスなサービスです。

それとこのマッチペイイントも。。

a2

スミ入れマッチペイントです。

お馴染みWhite Industriesハブと、このKINGのヘッドカラーとマッチさせちゃう所が

いやらしい系サイクリストです。

でも、こういう細かい所を大事にしてる人好きです。

自転車だけではなく、いろいろな物に対してこだわりを持っている人なんだろなーっと

勝手に想像しちゃいます。

ちなみに、このスミ入れ料金は1,000円(税抜き)となります。

ホイールを組まれる前にご依頼くださいね。

マッチさせるカラーは自由ですのでお申し付けくださいませ。

それではー

銀座Velo Style Ticket様納品

こんばんは。

最近、納品ラッシュでございます。

納品や完成ブログだけですみませんね。

たまには違う事書けるように精進します。

本日はいつもお世話になっています、銀座のVelo Style Ticket様からご依頼頂きました、

リペイントフレームが完成したので、ブログアップしますね。

a1

Surly Pugsleyフレーム完成後の画像です。

最近、グリーンカラーを多く塗っている気がします。

皆さんグリーン好きですよねー。

僕も大好きです。。

単色でもこんな素敵カラーだったらグッときちゃいますね。

ナイスカラーです。

そして納品へ。

a2

お店のSurlyコーナーの前を失礼しまして今回納品したフレームと一緒に。

そして、入れ替わりでもう一本リペイントのご依頼も頂きましたー。

ありがとうごいざいます!

お近くにお住まいで、ペイントの事でお困りな方がいらっしゃいましたら

是非Velo Style Ticketさんへ足を運んでみて下さいね。

スタッフの方達が色々と相談に乗ってくれると思いますので。

是非!

Cook Paint Worksではバイシクルショップ様のご依頼も承っています。

東京都内のショップ様であれば、自社配送もしていますので、余計な梱包や細かい塗装指示なども

cookスタッフ本人が出向きますので、その時に直接お伝え下さい。

また、色々なサービスも充実していますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

cook paint works 担当 畔見(アゼミ)
e-mail : hello@cookpaintworks.com
tel & fax : 03-6805-2350

それではよろしくお願い致しまーす。