自転車専門のカスタムペイントショップ

COOK PAINT WORKS

パーツペイント

こんばんは。

本日はパーツのペイントが完成致しましたので

ブログアップします。

a1

最近、ステムやクランクなどのペイントご依頼が増えてきましたよ。

今回は画面に映っていますスギノのクランクをペイントしました。

画像の物は下地処理からサフェイサーまで完了しているところです。

そして。

a3

まっ黄黄にペイント完了しました。

このクランク付けたところの画像が欲しいです。

見てみたい。

この様なパーツのペイント受注もお受けしていますので、

是非ご相談くださいね。

ちなみにフレームおよびフォークとの同時オーダーで同色の場合

パーツペイント料金が半額となります。

通常ステムペイント料金が8,000円ですが同時オーダーの場合

4,000円となります。

とてもお得なバリューセットプライス。

それでは宜しくお願い致しまーす。

こんばんは。

本日は大坂にありますプロショップBicycle Studio MOVEMENT様とCorner Bikes様よりご依頼を頂いて

いましたペイントが完成いたしましたのでブログアップします。

まずはMovement様からご依頼いただいていましたExtar protonのペイントから。

a1

このフレームはMovement様でオーダー出来るハンドメイドフレームですね。

本当にいつもいろんなバイクをかっこよく組んでいるのをブログ拝見しています。

ボルト類に力を入れている辺りも本物のバイクショップですね。笑

そして今回は単色オフホワイトカラーでロゴは塗分けでペイントしています。

こんなシンプルなペイントだけどそれでもCookを利用してくれています。

嬉しいですね。

なので大坂方面のショップさんビルダーさんからのお仕事は少し緊張すると共に

気合が入ります。

a2

ThomsonステムとEnveカーボンフォークのマッチペイントもさりげなく。

このさりげなさが素敵。

a3

堀さん、コンプリートしたら是非画像送ってくださいね!

そして、日本の若手フレームビルダーでグイグイ頭角を現してきた

Corner bikes様のペイントはこちら。

a4

今回2本のペイントのご依頼を頂きましたが、もう1本はまだ写真に収めていませんので

次回に回します。

こちらのフレームも単色メタリックグリーンです。

ロゴは塗分けでペイントしています。

安定のかっこよさ。

b1

Cornerロゴも素敵。

b2

フレームビルダーの寒川(ソウカワ)さんは僕より全然若くてイケメンでして、

自転車の知識もそうなんですがとてもセンスがあり、そして人当たりがよくお客さん一人一人

に親身になって話を聞いてくれる数少ない有望なフレームビルダーだと思います。

褒めすぎた。

でも本当の話。

僕の話なんかより彼のwebsiteをまずはチェックしてみて下さい。

気になってしまった方は直接お会いして来た方がいいと思います。

是非お見知りおき頂けたらと思います。

大坂方面にお住まいの方は是非チェックしてみて下さいね。

それではまたー。

 

 

soulcraft bikes

こんばんは。

本日は、以前UsaハンドメイドフレームSoulcraftフレームのペイント依頼頂きました

元ジャジャマガ、現マフィオッソのKenpeiさんが出来上がった

Newバイクを工房まで見せに来てくれました。

まずはフレームのペイントから。

S2

これだけでもかっこいいです。

色も素敵ですね。

人気があるEnveカーボンフォークとカーボンステムもフレームカラーとマッチペイントにすると

こんなに統一感がでて、違和感がありませんね。

そして。

a1

コンプリートバイクをお披露目です。

何だこれ。

かっこいいー!

このパーツアッセンブルもずるいな。

総重量は8kg台らしいです。。

a2

そしてkenpeiさんとSoulcraft

リアルBody&soulです。

こんなコンプリートバイク見せられちゃうと、何か新しいバイク組みたくなっちゃいますね。

素敵バイクを見させて頂きありがとうー!

今度Soulcraftミーティングしましょー。

それではまた。

卒業制作展写真集

こんばんは。

本日は東京サイクルデザイン専門学校のS講師さんから久しぶりにペイント2本の

ご依頼頂きました。

工房に直接お越し頂きまして、お土産に写真集頂きました!

a1

去年に開催されました東京サイクルデザイン専門学校のその年の卒業生による

最後の製作展写真集を頂きましたよ!

これはレアだ。

中を開くと。。

a2

クオリティ高めな写真です。

この卒業制作展でCookでカスタムペイントさせて頂いた

フレームは9本ありました。

すごい。

a4

このマジョーラカラーのフレームも。

フレームもペイントもインパクト大。

a3

こちらのフレームもCookによるペイントですが、「コルナゴジャパン賞」を取っていましたね!

やったぜ!

とても嬉しいですね。

最近生徒さん達のご依頼が少し少なくなってきましたが、作ったフレームをペイントして

組み付けてしっかり乗ってみると言うのも勉強の一つだと思いますよ(上から言っていません)

なので、せっかく作ったモノなんで乗ってみてください。

まずは単色のペイントで十分だと思います。

そこから何年も勉強して「これだ」っていうフレームが出来たら

カスタムペイントで仕上げてもいいかもですね。

そして、Cookでは生徒さん用の学割プライスリストを特別に用意しておりますので

お気軽にお問い合わせくださいね。

それではまたー。

アースカラー

こんばんは。

最近アースカラー系(くすんだブルーにグリーン、ベージュ、ブラウンなどなど)が人気ありますね。

特にグリーンの人気がはんぱない。

僕もグリーン系は大好きです。

そして、完成間近の本日の釜。

a3

これぞ、アースカラーと言う名にふさわしいカラーばっかりです。

どれも微妙(いい意味で)なニュアンスで調色が大変です。

アースカラーはアメリカのヒッピー文化から生まれてきたカラーらしいです。

70年代のアメリカはこの手のカラーの車だったり、家の壁紙だったりと日常でも

多く使われていたらしいです。

昔のアメリカ映画なんか見るとこんな感じの色をどこかのシーンで見かけますよね。

色でお悩みの方いらっしゃえば是非参考にして下さい。

そして。

a1

カラーサンプルを借りにブルーラグ上馬店へお邪魔した所、こちらも以前ペイントした

アースカラーのフレームが完成車になっていたので一枚納めときました。

なんだよグッドタイミングではないか。

そして、このフレームカラーのサンプルはこちらでした。

a2

ジルベルソーのエンドキャップのパッケージ。

簡単に言うとダンボールカラー。

レベル高めサンプル。

素敵なアースカラーです。

色々カスタムしている感じに見えましたが、これでサドルとバーテープくらいしか変えていないそうです。

ほぼほぼノーマル車。

このバイクかっこいいですよ。

フレームのペイントとちょっとだけのカスタムでここまで変わってしまいます。

これぞ技ありバイク。

自分の好きな色で最初から乗れるなんて最高ですよね。

何でもそうですけど、こういうちょっとした「こだわり」みたいなものをちょろっと落とし込んであげると

それが自分だけの物になって、それを大事にして、長く付き合えていけると思います。

是非、ご相談くださーい!

それではー

工房打合せ

こんばんは。

最近、個人のお客さまからも直接ご依頼頂いておりまして

ペイントの細かい指示等がある場合cook工房で打合せしてからの作業という流れも行っています。

そして工房に直接来られる皆さんがとても素敵方達なのでブログアップしちゃいます。

a1

こちらのお客様は今cannondaleのリペイントをご依頼頂いております。

イメージをしっかり持っていらして、色味の確認を念入りにしました。

N様、只今作業中ですのでもう少々お待ち下さいませ!

a2

そして、僕の先輩メッセンジャーRaykay氏

colnagoの新品バイクを買ってすぐ乗り付けてきて、「ペイントお願いします!」って

ご依頼頂きました。

今、写っているバイクは納車後のものです。

ほぼほぼお任せみたいな感じでご依頼頂きましたが、納車時にはとても喜んで頂けました。

今回はありがとうございました。

a3

そして、先日の火曜日にお越し頂いたナイスガイの西田さん。

原宿にあります某ショップのカリスマ店員さんで、大のコジハルのファンです。

しっーだよ。

この西田さんのRetrotecも以前Cookでペイントしました。

イケてるバイクを何台も持っていますが、今度はハンドメイドのロードバイクをオーダーすると言う事で

そのフレームのペイントの打ち合わせにお越し頂きました。

まずはフレームが楽しみですねー。

そしてリピーターの方も増えてきたのでとても嬉しいです。

a4

そして、本日打合せをしましたM様。

こちらの方も以前にペイントのご依頼を頂きました。

今回はお手持ちのKinfolkフレームリペイントのご依頼を頂きましたー。

ありがとうございます。

最近は仕事前に走っているMさんをインスタで見ていましたが、

今月に北海道で行われるRaphaのプレステージに出走する為だったのかと謎が少し解けました。笑

朝5時くらいに起きて走っているらしいです!

見習いたいと思います。。

こんな素敵な方達からご依頼頂けて本当に嬉しいですね。

ほとんどのペイント作業はお客様の顔を知らずに作業する事が大半ですけど

顔を合わせてからご依頼を頂けると、何だか安心してしまいます。

職人仕事とは言え、僕はオープンであり偏っていない人だと思っています。

何に対しても難しい人になりたくないし、逆に僕が知らない事は是非教えて頂きたいと思っている人間です。

特にプライドなんかも高くないですので。

気難しいおじさんペインターではないのでその辺はご安心下さい。笑

それではペイントのご依頼お待ちしておりまーす!

Kinfolk x3

こんばんは。

本日はKinfolk Bicycle様からご依頼を頂いていました、ペイントフレーム3本が

完成しましたので、ブログアップします。

早速完成。

k1

こちらはとてもストイックな匂いがする44mmヘッドチューブのグラベルロード。

かな?

単色のマットブラックです。

k2

ロゴは全て塗り分けでペイントしています。

しかもロゴはクリアです。

素敵。

そして2本目。

k4

EnveフォークとSim Worksステムのマッチペイントです。

鮮やかなブルーで統一感があり、これ組んだら素敵バイクになってしまう事間違いなし。

k3

もちろんロゴも塗り分けでペイントしています。

このフレームも素敵な仕上がりです。

そして3本目。

k6

少し小さめのフレームで女性のお客様からオーダー頂いたフレームらしいです。

フレームカラーは少しくすんだクリームとロゴカラーはオレンジでこの相性が良すぎる

配色は絶妙です。

とてもかわいい色合い。

k5

この3本ちょっとお洒落な感じ。

今回はとてもいいペイントのご依頼頂きました。

ありがとうございました!

最近、大阪方面のビルダーさんショップさんからのご依頼が増えてきました。

まだまだこれからもお取引して頂けるビルダーさんショップさん募集中ですので

お気軽にお問い合わせくださいね。

ココだけの話、業販向けのプライスリストなどもご用意しておりますので。

シッーですよ。

それでは宜しくお願い致します!

cannondaleリペイント

こんばんはー。

本日は大坂にありますイケテルプロバイクショップのMovement様から

ご依頼頂きましたペイントが完成しましたのでブログアップします。

ペイント前のフレームはこちら。

a1

新しいcannondaleのカーボンフレームです。

そして、完成がこちら。

a3

今回はcannondaleのデカールを頂きクリア下に閉じ込めています。

ペイントではありません。

a5

そのクリアで閉じ込めた後に何回も磨いて段差を極力なくして仕上げています。

最近、手首が痛くなってきました。笑

a4

a6

当時のcannondaleの雰囲気になりましたね。

このくらいの年代のcannondaleは今でもカッコイイと思います。

こちらのフォークはテーパードになっていますが。笑

そんな所も◎

最近、大阪方面のショップさんやビルダーさんから嬉しい事にペイントの御依頼を

頂ける様になりました。

大坂と言う街には名立たる自転車屋、自転車問屋が沢山あり日本のトップフレームビルダーも

工房を構えそれに昔から続いている歴史あるペイント屋さんも多く存在している、言わば自転車の聖地の大坂。

そこを飛び越えて私達の工房がありますここ東京までわざわざご依頼を頂ける事は私たちにとって

大変意味があることだと思っております。

そして、これからも気を引き締めて頑張っていきたいと思っておりますので

cook paint workを宜しくお願い致します。

ペイントの事で困った事がありましたらいつでもご相談下さいませ。

それではまたー。